厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ 画像 厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

マネジメント

 厚生労働省は、食品メーカーや飲食店、と畜場などで、衛生管理手法の一つ危害分析重要管理点(HACCP)の導入が進むよう、取り組んでいる業者名の公開を今秋から始める。同省は「取り組んでいることをアピールする場をつくり、他の業者に参考や励みにしてもらいたい」(HACCP企画推進室)としている。

 同省は、HACCPチェックリストの手本となる自主点検票の様式を3月に作成、公表している。この点検票に沿い、HACCPに取り組み、継続的に衛生管理を実践している業者から公開の申し込みを受け付ける。11月から、業者名や取り組み方針、所在地、業種などの情報をホームページ上で公開していく予定。定期的に更新していく計画だ。

 HACCPは国が許認可を出したり認定したりするものではなく、業者が自主的に行う取り組み。中小規模の業者の導入率は低く、農水省の2013年度調査では販売金額100億円以上の大規模業者は8割を超えているのに対し、中小業者では3割を切っている。

 自主点検票は、一般食品、と畜場、食鳥処理場向けに作成。一般食品の場合は「HACCPチームの編成」「製造工程一覧図の作成」など12の手順で、「安全性に関する必要な事項を記載した製品説明書を作成したか」など29のチェック項目を設けている。
日本農業新聞

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

    もはや後継者は身内にこだわらない!? 小規模事業者ほど不足傾向に

  2. 親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

    親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

  3. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

    鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  4. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  5. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

アクセスランキングをもっと見る

page top