北九州市小倉区に「TOTOミュージアム」完成! 28日から一般公開 画像 北九州市小倉区に「TOTOミュージアム」完成! 28日から一般公開

インバウンド・地域活性

 TOTOが創業の地である北九州市小倉北区に建設していた「TOTOミュージアム」が完成した。同ミュージアムは、衛生陶器などの変遷をたどる歴史資料館、商品を展示するショールームなどを配置する延べ1・1万平方メートル規模の複合施設。28日からの一般公開に先駆け、24日に現地で行われたオープニングセレモニーには喜多村円社長、小川洋福岡県知事や北橋健治北九州市長が出席し、完成を祝った。
 喜多村社長は「2年後に創業100周年を迎えるタイミングでミュージアムをオープンすることができた。創業時から働いてきた先人のものづくりの思いや姿勢を展示物を見て感じ取ってもらえればうれしい。今後も創業者の思いを受け継ぎ、次の100年に向けてまい進していきたい」とあいさつした。
 TOTOミュージアムは、2017年に迎える創立100周年記念事業として、同社が本社と小倉第一工場(北九州市小倉北区中島2の1の1)の敷地内に新たな施設として計画。設計を梓設計、建築施工を鹿島、内装設計・施工を丹青社がそれぞれ担当し、13年10月に着工した。
 「緑豊かな大地」と「水滴」をイメージしてデザインされた建物は、S造4階建て延べ1万1044平方メートルの規模。1階にショールーム、2階にミュージアム、3~4階に研修施設を併設する。ミュージアムには、同社がこれまで製造してきた衛生陶器やユニットバスルーム、水栓金具を年代別に展示し、東洋陶器時代の1970年まで製造していた貴重な食器類も数多くそろえる。展示スペースは1800平方メートルで、これまで使われていたTOTO歴史資料館の約3倍に拡大した。同社は顧客や取引業者、地域住民に同社の歴史や文化を伝える場として活用し、初年度の来場者数を2万人と見込む。

TOTO/北九州市小倉区にミュージアム完成/8月28日から一般公開

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

    漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  5. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  6. 宮城県の松島水族館跡地活用、観光複合施設に/事業者は丸山

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  10. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top