「中小企業×学校」で新たな価値を生もう! 東京商工会議所 画像 「中小企業×学校」で新たな価値を生もう! 東京商工会議所

インバウンド・地域活性

 東京商工会議所がまとめた「企業における教育支援活動等に関する調査結果」によると、学童・学生、学校に対する産業教育支援活動を実施している企業は半数にとどまり、大企業は約7割が何らかの形で実施しているものの、中小企業は「要請がない」「人的負担が多い」ことなどから多くが実施していないことがわかった。 実施している支援内容は、大学向けで「事業所への受け入れ」(60・1%)と「講師派遣」(69・2%)の比率が高い。中学向けで「教員採用・研修への支援」(44・0%)、小学向けで「物的・経済的な支援」(44・9%)や「授業プログラムの提供」(53・7%)などが多い。 大卒の定期採用については、「毎年実施している」が大企業で76・1%、中小企業で13・2%。「年によって実施している」は大企業で12・4%、中小企業で34・0%。大企業と中小企業の差は歴然としている。 大学生を対象としたインターンシップについては、大企業は45・2%が実施、中小企業は7・6%にとどまる。逆に「実施したことがない」企業は中小企業で71・4%、大企業で42・3%。 インターンシップ実施の目的については「学生に業界や自社のことを知ってもらう」が大企業で87・0%、中小企業で79・2%といずれも極めて高い。だが、「学生の職業観の醸成」については大企業は60・2%で2番目に高いが、中小企業は29・2%と低い。逆に、「採用活動の一環など優秀な人材の発掘」については大企業が43・9%だったが、中小企業は58・3%だった。 同調査は2014年10月、東商の役職企業3119社および無作為抽出した従業員30人以上の企業1881社を対象に実施、987社から回答を得た。

「中小企業×学校」で新たな価値を生もう!

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 富裕層インバウンドの法則その2

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

アクセスランキングをもっと見る

page top