「中小企業×学校」で新たな価値を生もう! 東京商工会議所 画像 「中小企業×学校」で新たな価値を生もう! 東京商工会議所

インバウンド・地域活性

 東京商工会議所がまとめた「企業における教育支援活動等に関する調査結果」によると、学童・学生、学校に対する産業教育支援活動を実施している企業は半数にとどまり、大企業は約7割が何らかの形で実施しているものの、中小企業は「要請がない」「人的負担が多い」ことなどから多くが実施していないことがわかった。 実施している支援内容は、大学向けで「事業所への受け入れ」(60・1%)と「講師派遣」(69・2%)の比率が高い。中学向けで「教員採用・研修への支援」(44・0%)、小学向けで「物的・経済的な支援」(44・9%)や「授業プログラムの提供」(53・7%)などが多い。 大卒の定期採用については、「毎年実施している」が大企業で76・1%、中小企業で13・2%。「年によって実施している」は大企業で12・4%、中小企業で34・0%。大企業と中小企業の差は歴然としている。 大学生を対象としたインターンシップについては、大企業は45・2%が実施、中小企業は7・6%にとどまる。逆に「実施したことがない」企業は中小企業で71・4%、大企業で42・3%。 インターンシップ実施の目的については「学生に業界や自社のことを知ってもらう」が大企業で87・0%、中小企業で79・2%といずれも極めて高い。だが、「学生の職業観の醸成」については大企業は60・2%で2番目に高いが、中小企業は29・2%と低い。逆に、「採用活動の一環など優秀な人材の発掘」については大企業が43・9%だったが、中小企業は58・3%だった。 同調査は2014年10月、東商の役職企業3119社および無作為抽出した従業員30人以上の企業1881社を対象に実施、987社から回答を得た。

「中小企業×学校」で新たな価値を生もう!

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  8. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  9. 名古屋駅西側、特定都市再生緊急整備地域に追加指定……再開発加速

  10. 「加賀九谷野菜」商標登録、認知向上・販路拡大めざす

アクセスランキングをもっと見る

page top