地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは? 画像 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

マネジメント

 芙蓉総合リースはジャパンブルーエナジー(JBEC、東京都千代田区、堂脇直城社長、03・3234・1551)に追加出資した。JBECの第三者割当増資を引き受けて2億円強で8万株強を追加で取得し、持ち株比率を8・3%とした。JBECはバイオマスを原料としたカーボンフリーの水素を製造する技術を持つベンチャー企業で、実用化を目指している。芙蓉総合リースは将来、水素社会が来るのを見据えて投資を決めた。  芙蓉総合リースは出資のほか、リースの提供やJBECとのシナジーを期待できる企業の紹介・仲介などをする。将来性を見込み、JBECの成長を支援する。また、芙蓉総合リースとしても、JBECへの出資を通じて水素社会に向けた業界の取り組み、最新情報を得る狙い。 現在、再生可能エネルギー関連では太陽光発電事業が主力だが、そのほかの分野でもビジネスチャンスにつなげていく。JBECはブルータワーと呼ぶ独自のプラントによってバイオマスから水素を作り、供給することを目指している。基本技術はドイツで生まれ、堂脇直城社長が特許を購入した。現在は群馬県渋川市の試験プラントで試験を続けている。 また、2016年には石川県輪島市で商用プラントを稼働させるが、まずはバイオマス発電した電力を販売する。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(6)】今後の展望……本当に便利になるのはこれから

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(6)】今後の展望……本当に便利になるのはこれから

  2. ”3500人の主婦ネットワーク”で始める新事業!? 現在アイディア募集中

    ”3500人の主婦ネットワーク”で始める新事業!? 現在アイディア募集中

  3. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

    無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  4. 本日の新聞から:師走に吹き荒れるリストラの嵐…東芝、ケーヒン

  5. 始業前にストレッチ…ヤマハ発動機が制作

  6. 公共工事の技術者専任要件引き上げ、請負代金額3500万円以上に

  7. 中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

  8. 職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

  9. マッチングイベントで新サービスで公募開始・・・パーク24

  10. 岡山市にダンプ・トラック・冷凍車他商用車・業務用車両専門のレンタカー――オリックストラックレンタル

アクセスランキングをもっと見る

page top