地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは? 画像 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

マネジメント

 芙蓉総合リースはジャパンブルーエナジー(JBEC、東京都千代田区、堂脇直城社長、03・3234・1551)に追加出資した。JBECの第三者割当増資を引き受けて2億円強で8万株強を追加で取得し、持ち株比率を8・3%とした。JBECはバイオマスを原料としたカーボンフリーの水素を製造する技術を持つベンチャー企業で、実用化を目指している。芙蓉総合リースは将来、水素社会が来るのを見据えて投資を決めた。  芙蓉総合リースは出資のほか、リースの提供やJBECとのシナジーを期待できる企業の紹介・仲介などをする。将来性を見込み、JBECの成長を支援する。また、芙蓉総合リースとしても、JBECへの出資を通じて水素社会に向けた業界の取り組み、最新情報を得る狙い。 現在、再生可能エネルギー関連では太陽光発電事業が主力だが、そのほかの分野でもビジネスチャンスにつなげていく。JBECはブルータワーと呼ぶ独自のプラントによってバイオマスから水素を作り、供給することを目指している。基本技術はドイツで生まれ、堂脇直城社長が特許を購入した。現在は群馬県渋川市の試験プラントで試験を続けている。 また、2016年には石川県輪島市で商用プラントを稼働させるが、まずはバイオマス発電した電力を販売する。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

    国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

  2. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

    大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  3. TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

    TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

  4. 大成建設、小型の高性能摩擦制振ダンパーを開発

  5. 野村不HD、新中期計画で複合開発や大規模開発へ注力

  6. 東亜建設工業社長に秋山代表取締役兼執行役員副社長、6月就任

  7. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  8. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

アクセスランキングをもっと見る

page top