地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは? 画像 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

マネジメント

 芙蓉総合リースはジャパンブルーエナジー(JBEC、東京都千代田区、堂脇直城社長、03・3234・1551)に追加出資した。JBECの第三者割当増資を引き受けて2億円強で8万株強を追加で取得し、持ち株比率を8・3%とした。JBECはバイオマスを原料としたカーボンフリーの水素を製造する技術を持つベンチャー企業で、実用化を目指している。芙蓉総合リースは将来、水素社会が来るのを見据えて投資を決めた。  芙蓉総合リースは出資のほか、リースの提供やJBECとのシナジーを期待できる企業の紹介・仲介などをする。将来性を見込み、JBECの成長を支援する。また、芙蓉総合リースとしても、JBECへの出資を通じて水素社会に向けた業界の取り組み、最新情報を得る狙い。 現在、再生可能エネルギー関連では太陽光発電事業が主力だが、そのほかの分野でもビジネスチャンスにつなげていく。JBECはブルータワーと呼ぶ独自のプラントによってバイオマスから水素を作り、供給することを目指している。基本技術はドイツで生まれ、堂脇直城社長が特許を購入した。現在は群馬県渋川市の試験プラントで試験を続けている。 また、2016年には石川県輪島市で商用プラントを稼働させるが、まずはバイオマス発電した電力を販売する。
《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【解決! 社長の悩み相談センター】第17回:会社の登記手続きの方法は?

    【解決! 社長の悩み相談センター】第17回:会社の登記手続きの方法は?

  2. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  3. 小学校授業に起業家養成プログラム……板橋区産業振興課と教育委員会が連携

    小学校授業に起業家養成プログラム……板橋区産業振興課と教育委員会が連携

  4. 自動車パーツのオンライン販売広がる……新興市場で成長加速とフロスト&サリバン

  5. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  6. 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

  7. 佐藤工業、宮本雅文代表取締役専務の社長昇格を発表

  8. 職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

  9. 新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上

  10. トヨタ、過去最高益を2年連続で更新……国内、海外ともに増収増益

アクセスランキングをもっと見る

page top