ドラッグストア、オムニ競う…ウェブで在庫確認、店頭で取り寄せなど 画像 ドラッグストア、オムニ競う…ウェブで在庫確認、店頭で取り寄せなど

マネジメント

 ドラッグストア大手がオムニチャンネル化に本格的に取り組み始めている。マツモトキヨシホールディングス(HD)がウェブサイト上からの店頭在庫を確認したり、店頭で商品取り寄せができるなどという仕組みを構築。クリエイトSDホールディングスもEC関連事業の組織を再編し、店舗補完機能の強化に動きだした。ドラッグは今後店舗数の増加に伴い小商圏化が急ピッチで進み、コンビニとの競争も激化が予想される。オムニ化で買い物の利便性を高め固定客の拡大を図る。  マツキヨHDでは実店舗とサイト会員のポイント統合などとともに、ドラッグストアでは初めて店頭の在庫や価格をサイト上で確認できるようにした。サイトを閲覧した顧客は店舗に出向かなくても欲しい商品の在庫が確認でき、利便性が向上する。しかも、商品の取り置きや取り寄せサービスも首都圏の一部店舗で先行的に開始。今後は約1500店の店舗に順次拡大する。 クリエイトSDは昨年のサイト開設以降、ネットで注文し店頭で受け取れる機能を備えていたが、このほどサイトの店舗補完機能を強化するため組織を再編した。サイトで販売する「EC」、売り場にない商品を取り寄せる「特注」、服薬指導などを行う介護施設・医療機関への「宅配」の各機能を一つの組織に集約。有機的に店舗を補完できる体制を構築した。今後は店舗にタブレット端末を設置し、店頭にない商品の注文受け付けの実験も始める見通しだ。 同業ばかりでなく、コンビニや食品スーパーなど競合店の増加などで、ドラッグストア店舗の商圏が小商圏化する。これに伴い、手軽にネットで商品を買えて受け取れる、欲しい商品がない場合はネットで簡単に取り寄せられるなどの機能を強化し、リピート率を高める戦略といえそうだ。

ドラッグストア、オムニ競う

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 農水省が組織見直し、現場目線の農政を徹底 

    農水省が組織見直し、現場目線の農政を徹底 

  2. 三菱ふそう「もしも、世界からトラックが消えたなら」

    三菱ふそう「もしも、世界からトラックが消えたなら」

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  5. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  6. 国交省、重層下請構造を是正へ 建設工事

  7. ジョンソン日立空調が始動、売上規模5250億円を目標

  8. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

  9. 国交省「歩切り」撤廃に向けたロードマップ公開……違反発注者名公表も

  10. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

アクセスランキングをもっと見る

page top