ドラッグストア、オムニ競う…ウェブで在庫確認、店頭で取り寄せなど 画像 ドラッグストア、オムニ競う…ウェブで在庫確認、店頭で取り寄せなど

マネジメント

 ドラッグストア大手がオムニチャンネル化に本格的に取り組み始めている。マツモトキヨシホールディングス(HD)がウェブサイト上からの店頭在庫を確認したり、店頭で商品取り寄せができるなどという仕組みを構築。クリエイトSDホールディングスもEC関連事業の組織を再編し、店舗補完機能の強化に動きだした。ドラッグは今後店舗数の増加に伴い小商圏化が急ピッチで進み、コンビニとの競争も激化が予想される。オムニ化で買い物の利便性を高め固定客の拡大を図る。  マツキヨHDでは実店舗とサイト会員のポイント統合などとともに、ドラッグストアでは初めて店頭の在庫や価格をサイト上で確認できるようにした。サイトを閲覧した顧客は店舗に出向かなくても欲しい商品の在庫が確認でき、利便性が向上する。しかも、商品の取り置きや取り寄せサービスも首都圏の一部店舗で先行的に開始。今後は約1500店の店舗に順次拡大する。 クリエイトSDは昨年のサイト開設以降、ネットで注文し店頭で受け取れる機能を備えていたが、このほどサイトの店舗補完機能を強化するため組織を再編した。サイトで販売する「EC」、売り場にない商品を取り寄せる「特注」、服薬指導などを行う介護施設・医療機関への「宅配」の各機能を一つの組織に集約。有機的に店舗を補完できる体制を構築した。今後は店舗にタブレット端末を設置し、店頭にない商品の注文受け付けの実験も始める見通しだ。 同業ばかりでなく、コンビニや食品スーパーなど競合店の増加などで、ドラッグストア店舗の商圏が小商圏化する。これに伴い、手軽にネットで商品を買えて受け取れる、欲しい商品がない場合はネットで簡単に取り寄せられるなどの機能を強化し、リピート率を高める戦略といえそうだ。

ドラッグストア、オムニ競う

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. 茨城県の橋本昌知事、「鬼怒川緊急対策プロジェクト」に全面協力

    茨城県の橋本昌知事、「鬼怒川緊急対策プロジェクト」に全面協力

  3. ”3500人の主婦ネットワーク”で始める新事業!? 現在アイディア募集中

    ”3500人の主婦ネットワーク”で始める新事業!? 現在アイディア募集中

  4. 栃木・足利銀行と茨城・常陽銀行の統合、地域企業への影響は?

  5. 住商が物流施設開発強化、年間300億円投資、新ブランド積極提案

  6. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

  7. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  8. 男性社員の育児参加後押し…大成建設が「パパ通信」や座談会

  9. レッドウッド・グループ、埼玉県で2件の新規開発を計画

  10. ホンダ2015年3月期決算は増収減益――営業利益は13%ダウン

アクセスランキングをもっと見る

page top