「ムスリム観光客おもてなし研修会」を開催、神奈川県が慶応大学と協働 画像 「ムスリム観光客おもてなし研修会」を開催、神奈川県が慶応大学と協働

インバウンド・地域活性

 神奈川県と慶應義塾大学SFC研究所イスラーム研究・ラボは24日、県内の観光事業者を対象に「ムスリム観光客おもてなし研修会」を開催すると発表した。

 ムスリムとはイスラム教徒のこと。ムスリム観光客を受け入れる際には、日々の礼拝、特定の食品・食材の忌避といった信仰上の理由から、日本はもとより他国の観光客とも異なるさまざまな配慮が求められる。

 そこで信仰に配慮したおもてなしが行えるよう、観光施設や宿泊施設、飲食店、小売店をはじめとした県内の観光事業者を対象に開催するのが同研修会。「30分でわかるイスラームの基礎」「ハラールビジネスの現状」「ムスリムコミュニケーション講座」「おもてなし実践講座」などが行われる。

 近年、アジアからの訪日外国人観光客数が増えている。特にマレーシアやインドネシアからの客数は増加の一途だが、両国はムスリムを多く抱えているだけに、同研修を通じてインバウンドのビジネスチャンスを広げたい。

 同研修会の開催日時は9月17日の13時30分~16時45分。会場はワークピア横浜(神奈川県横浜市中区)で、参加費は無料。募集定員は30名程度。受付締め切りは9月14日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

    上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  6. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  7. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 東北の「復興加速化会議」。ICT導入拡大や担い手確保

  10. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

アクセスランキングをもっと見る

page top