「ムスリム観光客おもてなし研修会」を開催、神奈川県が慶応大学と協働 画像 「ムスリム観光客おもてなし研修会」を開催、神奈川県が慶応大学と協働

インバウンド・地域活性

 神奈川県と慶應義塾大学SFC研究所イスラーム研究・ラボは24日、県内の観光事業者を対象に「ムスリム観光客おもてなし研修会」を開催すると発表した。

 ムスリムとはイスラム教徒のこと。ムスリム観光客を受け入れる際には、日々の礼拝、特定の食品・食材の忌避といった信仰上の理由から、日本はもとより他国の観光客とも異なるさまざまな配慮が求められる。

 そこで信仰に配慮したおもてなしが行えるよう、観光施設や宿泊施設、飲食店、小売店をはじめとした県内の観光事業者を対象に開催するのが同研修会。「30分でわかるイスラームの基礎」「ハラールビジネスの現状」「ムスリムコミュニケーション講座」「おもてなし実践講座」などが行われる。

 近年、アジアからの訪日外国人観光客数が増えている。特にマレーシアやインドネシアからの客数は増加の一途だが、両国はムスリムを多く抱えているだけに、同研修を通じてインバウンドのビジネスチャンスを広げたい。

 同研修会の開催日時は9月17日の13時30分~16時45分。会場はワークピア横浜(神奈川県横浜市中区)で、参加費は無料。募集定員は30名程度。受付締め切りは9月14日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  2. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

    造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  3. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

    リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  8. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top