「ムスリム観光客おもてなし研修会」を開催、神奈川県が慶応大学と協働 画像 「ムスリム観光客おもてなし研修会」を開催、神奈川県が慶応大学と協働

インバウンド・地域活性

 神奈川県と慶應義塾大学SFC研究所イスラーム研究・ラボは24日、県内の観光事業者を対象に「ムスリム観光客おもてなし研修会」を開催すると発表した。

 ムスリムとはイスラム教徒のこと。ムスリム観光客を受け入れる際には、日々の礼拝、特定の食品・食材の忌避といった信仰上の理由から、日本はもとより他国の観光客とも異なるさまざまな配慮が求められる。

 そこで信仰に配慮したおもてなしが行えるよう、観光施設や宿泊施設、飲食店、小売店をはじめとした県内の観光事業者を対象に開催するのが同研修会。「30分でわかるイスラームの基礎」「ハラールビジネスの現状」「ムスリムコミュニケーション講座」「おもてなし実践講座」などが行われる。

 近年、アジアからの訪日外国人観光客数が増えている。特にマレーシアやインドネシアからの客数は増加の一途だが、両国はムスリムを多く抱えているだけに、同研修を通じてインバウンドのビジネスチャンスを広げたい。

 同研修会の開催日時は9月17日の13時30分~16時45分。会場はワークピア横浜(神奈川県横浜市中区)で、参加費は無料。募集定員は30名程度。受付締め切りは9月14日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  2. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. 鬼怒川水害から1年、関東整備局が堤防決壊・いっ水個所で対応完了

  5. 地方創生の鍵を握る地域資源活用~0から1を生む「朝観光」~

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 豊洲に高さ180mのマンション、東京ガスの現所有地に計画

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. 東京・豊洲「千客万来施設」、6街区を整備

  10. HJHJアーカイブス:04「新宿つな八に、なんで外国人の行列が?」

アクセスランキングをもっと見る

page top