トヨタ下請企業の6割が増収、1年で16.7%増 画像 トヨタ下請企業の6割が増収、1年で16.7%増

インバウンド・地域活性

 帝国データバンクは24日、「トヨタ自動車グループの下請企業実態調査」の結果を発表。トヨタ下請企業のうち、2014年度の業績が増収した企業は6割近くにのぼった。

 同社の146万社に及ぶ企業データベース内の企業概要ファイル「COSMOS2」のうち、トヨタ自動車グループと直接取引のある一次下請企業と、間接的に取引のある二次下請企業は3万1072社にのぼる。このうち、2013年度と14年度の業績が2期連続で判明している2万6788社についてみてみると、57.2%が2014年度の業績で増収だった。13年度は同40.7%となり、13年度から14年度への1年間で、下請け企業の16.5%が増収へと転じたことになる。

 3万1072社の内訳として、一次下請企業は5204社で構成比が16.7%、二次下請企業は2万5868社で構成比が83.3%。売上規模別にみると、「1億円以上 10億円未満」が54.5%の1万6933社で最多。都道府県別では、トヨタ本社のある愛知県が最多で6305社(構成比20.3%)となり、以下、東京都が同5575社(同17.3%)、大阪府が同4065社(同13.1%)、神奈川県が同1696社(5.5%)、静岡県が同1249社(4%)と続いている。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

    横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  5. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

アクセスランキングをもっと見る

page top