時事エッセイ/W杯とホスト国の責任 画像 時事エッセイ/W杯とホスト国の責任

インバウンド・地域活性

 英国で来月18日にラグビーワールドカップ(W杯)が開幕する。20カ国・地域から代表チームが参戦し、世界一の座を競う▼日本も8大会連続で出場し、南アフリカ、スコットランド、サモア、米国と予選を戦う。目標は「8強入り」だが、強豪ぞろい。予選を勝ち抜くのは容易ではない。決勝戦は10月31日にロンドン郊外のトゥイッケナムで。ラグビー発祥の地、英国でも「聖地」と呼ばれる専用スタジアムだ▼次回W杯は19年に日本で開催される。関係者が現地を訪れ、視察やプロモーションを行うというが、ラグビーW杯は世界で40億人が視聴するビッグイベント。新国立競技場の建設をめぐるゴタゴタで決勝戦の会場が宙に浮き、気勢をそがれた格好だが、国を挙げて成功させなければならない▼来夏には、各国チームのキャンプ地の選定作業が日本国内で始まる。招致に手を挙げる自治体もおもてなしの心で協力し、印象に残る大会にしてほしい▼一方、ホスト国の代表チームが弱ければ、大会は盛り上がらない。日本代表の世界ランクは最高9位。英国で8強入りし、4年後には優勝争いができるチームへ。

回転窓/W杯とホスト国の責任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 青森県むつ市が新体育館建設、スポーツのほか余暇を過ごす市民憩いの空間へ

    青森県むつ市が新体育館建設、スポーツのほか余暇を過ごす市民憩いの空間へ

  2. 国交省、建設業女性の採用実績や出産・育児制度など実態調査へ

    国交省、建設業女性の採用実績や出産・育児制度など実態調査へ

  3. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

    大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  4. 【プレス・板金・フォーミング展】40年前のマシンを再生……工作機械のリビルドに強い「しのはらプレスサービス」

  5. 竹芝ウォーターフロント開発、四季劇場の解体着手

  6. 「MARK IS(マークイズ)」開発着工へ、福岡市内最大規模、18年秋開業

  7. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  8. 小型無人ヘリ災害応急活動の協力企業を募集、九州整備局

  9. 大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか?

  10. 人材育成は駅ナカで。農村の駅に研究室、神戸大学が新設

アクセスランキングをもっと見る

page top