ミャンマーのバガン航空が運休中、再開予定は10月 画像 ミャンマーのバガン航空が運休中、再開予定は10月

海外進出

10月までに新型航空機も追加予定ヤンゴンに本社を置き、ミャンマーの主要航空会社の一つであるバガン航空は、16日より運航を中止している。同社が保有するATR-72型機は7月24日、ヤンゴン国際空港の滑走路で横滑りし、機体が損傷する事故が発生した。同社は、運航の停止については定期的なメンテナンスのため、と発表したほか、運航再開予定の10月までに、新たな航空機を追加するとしている。なお、ミャンマーで運航を中止した航空会社は、バガン航空のみならず、マンダレー航空も昨年12月より運航を停止していた。しかし、マンダレー航空は今年の5月より運航を再開している。バガン航空、ミャンマーの各都市を運航バガン航空は、ミャンマーの民間航空会社で、2004年に設立された。ミャンマー国内の運航がメインで、ヤンゴンを中心にミャンマー国内の15の都市に乗り入れ、同国の主要な都市を結んでいる。また、国際線は、2007年にヤンゴン発バンコク便・シンガポール便が運航を開始したが、現在ではタイのチェンマイ国際空港との路線のみとなっている。

バガン航空 16日より運航を中止 10月運航再開予定

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

    繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  2. “新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる

    “新時代”の日本酒を世界へ! 洋食との相性を追求、人気高まる

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. 高くてまずい! バンコクのドンムアン空港、当たりのレストランは?

  5. 駐車場ビジネスのアジア進出、伸びの高いジャカルタで始まる!

  6. ミャンマー観光への外国からの投資は約30億ドル、さらにアピール

アクセスランキングをもっと見る

page top