北陸新幹線延伸ルート、16年度に調査着手……3案から絞り込み 画像 北陸新幹線延伸ルート、16年度に調査着手……3案から絞り込み

インバウンド・地域活性

 国土交通省は16年度から、未着工の北陸新幹線敦賀~大阪間の早期着工に向けてルートを選定するための調査に乗りだす。現在3本あるルート候補案の建設費や地質、経済波及効果などを検証し、最適なルート案を絞り込む。2022年度に金沢~敦賀間の開業が予定されているのを踏まえ、2年以内をめどに結論を出す予定だ。同省は、今月末の16年度予算概算要求にルート選定調査費を盛り込む方針を固めた。
 敦賀~大阪間のルートについては、関西7府県でつくる「関西広域連合」の提案を踏まえ、▽福井県小浜市などを通る「小浜ルート」(延長123キロ、概算建設費9500億円)▽大津市などを通り京都駅東側で東海道新幹線に合流する「湖西ルート」(81キロ、7700億円)▽滋賀県長浜市などを通り米原駅で東海道新幹線と合流する「米原ルート」(44キロ、5100億円)-の3案が浮上している。1973年に決定した国の北陸新幹線の整備計画は小浜ルートで決まっており、国交省の調査でも同ルートを軸に3案のメリット・デメリットを比較検討する。過去の整備新幹線のルート選定では最新の建設コストや沿線地域への経済効果などを考慮して当初計画のルートが変更された事例もある。自民、公明両党のプロジェクトチームは、工事中の金沢~敦賀間のうち、福井までの延伸・先行開業の可否や、これを実施する場合の方策について16年度予算要求までに政府に提言する予定だ。

国交省/北陸新幹線延伸ルート選定へ/16年度に調査着手、3案から絞り込み

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

    【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  6. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  7. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  8. ~規制緩和が生む新観光業:1~地方特化の通訳ガイドはじまる

  9. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  10. 新国立競技場、大屋根や観客席の検証模型を公開/色味や安全性など確認

アクセスランキングをもっと見る

page top