マレーシアのエコワールド再開発事業、来春より開始 画像 マレーシアのエコワールド再開発事業、来春より開始

海外進出

ブキビンタン地区の再開発は来春からエコワールド・デベロップメントグループは、19日、ブキビンタン ・シティセンター(BBCC)開発プロジェクトを来年の春頃には開始すると発表した。同社CEO Chang Khim Wah氏は、クアラルンプール市役所からの承認を得たうえで、今年の末頃には、建設開始に向けての準備を始めたいとした。工期はおよそ8年から10年プドゥ刑務所跡地での総工費およそ87億リンギットの再開発プロジェクトでは、ショッピングモール、オフィスビル、ホテル、中長期滞在型賃貸住宅、マンション、 飲食施設などが総合的に開発される予定。開発工事は、エコワールドとUDAホールディングスと従業員積立基金(EPF)が提携し設立した、特別目的事業体のBBCCデベロップメント社により進められ、工期は、およそ8年から10年になるとみられている。同氏は、以下のように述べている。「我々は、現在多くの都市開発計画に携わっており、今年の売り上げ目標の30億リンギットも必ず達成できるだろう。そして、我々は、また、様々な市場で幅広く活躍できる柔軟性も持ち合わせている。」(BERNAMAより引用)(画像はエコワールドホームページより)

エコワールド再開発事業 来春より開始

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  3. インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

    インド新幹線、難工区の事業円滑化へ/JICA、設計段階から施工性考慮

  4. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  5. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  6. 深松組、ミャンマーでアパート事業参入…日本企業駐在員市場狙う

  7. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

  8. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  9. 三洋化成がマレーシアに新拠点…紙オムツ、東南アジアで需要拡大

  10. バンコクで「北海道フェア」いかめし阿部商店、札幌やおきゅう他が出展

アクセスランキングをもっと見る

page top