九州整備局らが筑豊鳥尾トンネルで現場見学会「おやじの日」開催 画像 九州整備局らが筑豊鳥尾トンネルで現場見学会「おやじの日」開催

インバウンド・地域活性

 九州地方整備局、九州建設業協会、日本建設業連合会(日建連)九州支部は20日、発注者と施工者の家族らを対象にした現場見学会「おやじの日」を福岡県飯塚市で建設が進められている筑豊鳥尾トンネル(飯塚工区)新設工事の現場で開催した。子どもたちは仕事場で働く父親の姿を見て、建設業をより身近に感じていた。今回の現場見学会は、建設会社の社員、発注者、協力会社の家族に間近で父親の働く姿を見てもらうことにより、子どもたちに社会資本整備や建設業への理解を深めてもらうのが狙い。
 見学会には9家族26人が参加。同工事を担当している鴻池組の担当者が工事の概要を説明。続いて工事排水の浄化実験、測量実験を行った。その後、参加者はトンネル内部に移動し、掘進する坑内の様子を担当者から説明を受けながら見学した。普段見ることのできない工事中のトンネルを見学した子どもたちからは「お父さんがこんなに大変な仕事をしてるとは思わなかった」といった声が挙がっていた。同工事は、国道201号飯塚庄内田川バイパス事業の一環として計画。筑豊鳥尾トンネル(下り線、延長1530メートル)のうち、飯塚工区(延長581メートル)を施工している。掘削方式はNATM、幅員は10・75メートル。

九州整備局ら/「おやじの日」現場見学会開く/父親の働く姿に子どもら感激

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  8. 共通する事業理念で汚泥処理からダチョウ飼育まで…周南市のある会社の取り組み

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 葉物類が入荷減! イチゴ通常の6割、西日本大雪の影響、大阪市場

アクセスランキングをもっと見る

page top