九州整備局らが筑豊鳥尾トンネルで現場見学会「おやじの日」開催 画像 九州整備局らが筑豊鳥尾トンネルで現場見学会「おやじの日」開催

インバウンド・地域活性

 九州地方整備局、九州建設業協会、日本建設業連合会(日建連)九州支部は20日、発注者と施工者の家族らを対象にした現場見学会「おやじの日」を福岡県飯塚市で建設が進められている筑豊鳥尾トンネル(飯塚工区)新設工事の現場で開催した。子どもたちは仕事場で働く父親の姿を見て、建設業をより身近に感じていた。今回の現場見学会は、建設会社の社員、発注者、協力会社の家族に間近で父親の働く姿を見てもらうことにより、子どもたちに社会資本整備や建設業への理解を深めてもらうのが狙い。
 見学会には9家族26人が参加。同工事を担当している鴻池組の担当者が工事の概要を説明。続いて工事排水の浄化実験、測量実験を行った。その後、参加者はトンネル内部に移動し、掘進する坑内の様子を担当者から説明を受けながら見学した。普段見ることのできない工事中のトンネルを見学した子どもたちからは「お父さんがこんなに大変な仕事をしてるとは思わなかった」といった声が挙がっていた。同工事は、国道201号飯塚庄内田川バイパス事業の一環として計画。筑豊鳥尾トンネル(下り線、延長1530メートル)のうち、飯塚工区(延長581メートル)を施工している。掘削方式はNATM、幅員は10・75メートル。

九州整備局ら/「おやじの日」現場見学会開く/父親の働く姿に子どもら感激

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

    幕張新都心若葉住宅地区の開発第2弾、1万人規模の街づくり

  4. 【インバウンド向けホステル浸透中!:4】プリンスホテルのおもてなしは、???が違う!

  5. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 羽田空港跡地第2ゾーン開発、計画概要を発表

  8. ムーミンテーマパークは飯能市、総事業費150億円!

  9. [特Aをねらえ! 良食味米新事情] 14年産14銘柄 西日本の躍進目立つ

  10. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

アクセスランキングをもっと見る

page top