【凛】東京・江戸川区都市開発部・栗山綾子さん/いつまでも成長感じられるように 画像 【凛】東京・江戸川区都市開発部・栗山綾子さん/いつまでも成長感じられるように

人材

 建設関連の仕事に興味を持ったのは、父が工務店を営み、身近で家を建てる姿を見ていたから。「自然と建築を志すようになった」と話す。
 大学では人間工学や都市計画を中心に学んだ。「人と対話しながら図面を書く仕事がしたい」と思い立ち、卒業後は住宅メーカーでリフォームの営業や設計業務を手掛けた。
 「違う仕事にチャレンジしたい」という思いが強くなり転職。江戸川区役所に入って4年目になる。現在はまちづくり推進課に所属。住宅密集地で進めている生活道路拡幅事業の用地買収や、不燃化特区の不燃化推進業務に精を出す。
 道路の拡幅事業は「住民のそれぞれの状況で変わる。正しいことをやっていると納得してもらえるように交渉している」と日々の仕事の難しさを語る。「道路が拡幅されて見通しが良くなったのを見ると、達成感がある」とも。
 3児の母として仕事と子育てを両立させている。「出産や育児が大変な時は周りの人にたくさん助けてもらった」。忙しさは日常茶飯事だが、「仕事で嫌なことがあっても、子育てに追われていると忘れられる」という。
 「思い立ったら吉日、人生は一度きり」が座右の銘。これからも「いろいろな経験を積める環境の中で、刺激を得ていきたい。いつまでも自分の成長を感じられるようにいられたら幸せ」と姿勢は常に前向きだ。(くりやま・あやこ)

凜/東京・江戸川区都市開発部・栗山綾子さん/いつまでも成長感じられるように

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  2. ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

    ドラマ「ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編」骨太に描かれる若者の“労働観”

  3. 【中小企業の『経営論』】第2回:「仕事は盗むもの」というだけで足りるのか

    【中小企業の『経営論』】第2回:「仕事は盗むもの」というだけで足りるのか

  4. 「中小企業の《経営論》」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  5. 電設協、全建に働き方改革への協力要請/現場社員の長時間労働改善へ

  6. 高卒者の建設業就職が14年と同水準の1.7万人に!文科省調査

  7. 【今週のエンジニア女子】モデル経験のあるエンジニア……村田千紘さん

  8. 働き方改革省庁連絡会議が初会合、8月に適正工期設定ガイドライン策定

  9. ~社歌コン 応募社の横顔:5~朝礼を変えたラップ社歌-岡山のOA販売

  10. 「タニタ効果」で7kgの減量成功者も、東京・板橋区の健康づくり

アクセスランキングをもっと見る

page top