積載量感応ショックアブソーバ、ワゴン車などに……KYB 画像 積載量感応ショックアブソーバ、ワゴン車などに……KYB

インバウンド・地域活性

KYBは8月21日、積載量感応ショックアブソーバ「Load Sensing Shock Absorber:LSS」の開発を完了したと発表した。

積載量感応ショックアブソーバは、乗員や荷物による積載重量の変化をショックアブソーバの長さの変化で検知。常に快適な乗心地と操縦安定性が得られるように、減衰力をメカニカルに切替える。市場拡大が進むミニバン、ワゴンなどの後軸車重変化が大きい車種への採用を狙い開発した。

開発品は、車両の積載重量に対応して減衰力を2段階に自動で切替え。ショックアブソーバ内に減衰力モードが瞬間的に切替わるのを防止する機構を配置しているため、走行中はショックアブソーバが伸縮しても軽積載/重積載の減衰力を維持する。また、電子制御を使用していないため、電気のコントローラや配線は不要となっている。

KYB、ミニバン/ワゴン向け積載量感応ショックアブソーバを開発

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

    近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  2. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

    “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  6. 見えてきた! 品川新駅の骨格、京浜東北線北行きのオーバークロス高架橋

  7. ~劇場型で魅せる飲食店:1~下町ワイナリーが生む“コト消費”

  8. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  9. インバウンド、いますぐおさえるべきポイントは何か?/インバウンド・観光ビジネス総合展

  10. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

アクセスランキングをもっと見る

page top