積載量感応ショックアブソーバ、ワゴン車などに……KYB 画像 積載量感応ショックアブソーバ、ワゴン車などに……KYB

インバウンド・地域活性

KYBは8月21日、積載量感応ショックアブソーバ「Load Sensing Shock Absorber:LSS」の開発を完了したと発表した。

積載量感応ショックアブソーバは、乗員や荷物による積載重量の変化をショックアブソーバの長さの変化で検知。常に快適な乗心地と操縦安定性が得られるように、減衰力をメカニカルに切替える。市場拡大が進むミニバン、ワゴンなどの後軸車重変化が大きい車種への採用を狙い開発した。

開発品は、車両の積載重量に対応して減衰力を2段階に自動で切替え。ショックアブソーバ内に減衰力モードが瞬間的に切替わるのを防止する機構を配置しているため、走行中はショックアブソーバが伸縮しても軽積載/重積載の減衰力を維持する。また、電子制御を使用していないため、電気のコントローラや配線は不要となっている。

KYB、ミニバン/ワゴン向け積載量感応ショックアブソーバを開発

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  10. 新銘柄は高級路線、16年産米の商戦本格化

アクセスランキングをもっと見る

page top