積載量感応ショックアブソーバ、ワゴン車などに……KYB 画像 積載量感応ショックアブソーバ、ワゴン車などに……KYB

インバウンド・地域活性

KYBは8月21日、積載量感応ショックアブソーバ「Load Sensing Shock Absorber:LSS」の開発を完了したと発表した。

積載量感応ショックアブソーバは、乗員や荷物による積載重量の変化をショックアブソーバの長さの変化で検知。常に快適な乗心地と操縦安定性が得られるように、減衰力をメカニカルに切替える。市場拡大が進むミニバン、ワゴンなどの後軸車重変化が大きい車種への採用を狙い開発した。

開発品は、車両の積載重量に対応して減衰力を2段階に自動で切替え。ショックアブソーバ内に減衰力モードが瞬間的に切替わるのを防止する機構を配置しているため、走行中はショックアブソーバが伸縮しても軽積載/重積載の減衰力を維持する。また、電子制御を使用していないため、電気のコントローラや配線は不要となっている。

KYB、ミニバン/ワゴン向け積載量感応ショックアブソーバを開発

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

    殿町「羽田連絡道路」が起工、国際競争力の強化に期待

  4. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  5. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  7. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  10. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

アクセスランキングをもっと見る

page top