日本海事協会、ブルネイに事務所を新たに開設 画像 日本海事協会、ブルネイに事務所を新たに開設

海外進出

日本海事協会(ClassNK)、マレーシアの隣国・ブルネイに新事務所を開設日本海事協会(ClassNK)は、東南アジアのブルネイに、8月17日付で新事務所を開設したと発表した。日本海事協会は、NKの略称及びClassNKの通称で知られる国際船級協会である。1899年(明治32年)に創立して以来、100年以上に亘って「海上における人命・財産の安全確保及び海洋環境の汚染防止」を使命に世界中で様々な事業を展開している。開設の背景南シナ海に面したボルネオ島に位置するブルネイは、石油や天然ガスなどの豊富な地下資源に恵まれており東南アジアで第4位の石油産出国である。その恩恵を受けて経済は非常に潤っており、国民1人当たりの名目GDPは日本を上回る(「世界経済見通し」2014年、国際通貨基金調べ)。このようなブルネイは地理的に一方は海に面し、残り三方をマレーシアに囲まれており、マレーシアとともに海上交通路の要衝の1つとして、日本海事協会の業務を行うのに立地的に重要な拠点となる。マレーシアのコタキナバルに続いての開設同会は支部、ミリ、マレーシアのコタキナバル、及びバリクパパン(インドネシア)に既に検査拠点を所有しているが、今回のブルネイ事務所開設によって、同会が提供している東南アジアにおける船舶検査サービスの利便性の向上が見込まれるとしている。(画像は日本海事協会ホームページから)

日本海事協会(ClassNK)、17日にブルネイに事務所を新たに開設する

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ジェコス、仮設橋梁をラオスの現場に納入/次はハイチにも

    ジェコス、仮設橋梁をラオスの現場に納入/次はハイチにも

  2. フジタら3社、ミャンマーで大規模複合開発/オフィスと商業施設のほかホテルも

    フジタら3社、ミャンマーで大規模複合開発/オフィスと商業施設のほかホテルも

  3. 三菱マテリアル、インドネシアの製造体制を拡充…超硬ソリッド工具

    三菱マテリアル、インドネシアの製造体制を拡充…超硬ソリッド工具

  4. マレーシア最大の港コンテナーターミナル、今後5年間でコンテナ容量拡張へ

  5. ミャンマーで新車販売解禁、中古車市場への影響は?

  6. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  7. 世界銀行、ミャンマーの経済成長予測を発表。日本より順調ながら・・・

  8. スズキ GSX250R、中国では即900台売れた!

  9. トリドール、初めてのミャンマー進出!/ヌードルショップで世界展開へ

アクセスランキングをもっと見る

page top