東京メトロ、日比谷線虎ノ門地区新駅で土木WTO入札公告 画像 東京メトロ、日比谷線虎ノ門地区新駅で土木WTO入札公告

マネジメント

 東京メトロは、再開発ビルの建設が相次ぐ東京・虎ノ門地区の地下を通る日比谷線の新駅設置工事に着手する。事業主体の都市再生機構から設計・施工業務を受託した同社が「日比谷線虎ノ門新駅(仮称)設置に伴う土木工事」の一般競争入札(WTO対象)を21日に公告した。駅舎部の建築・設備工事は別途発注する予定。開削工法で新駅を構築する計画で、本年度内の着工、東京五輪が開催される2020年度までの仮開業、22年度の本開業を目指す。総合評価方式の入札と契約後VEを採用。営業中の路線内を走る列車や旅客への安全確保、周辺の既設構造物への影響などに配慮した施工を求める。参加申請書と技術提案書は24日~9月24日に改良建設部改良建設企画課への持参で受け付ける。入・開札は11月27日に実施する。
 入札には単体か2または3者構成の特定JVが参加できる。単体、JV構成員とも土木一式の総合評定値1200点以上が条件で、所定の施工実績も必要。工事場所は港区虎ノ門1の22地先。環状2号線寄りの国道1号(桜田通り)の地下部分に新駅を設置する。14年6月に開業した虎ノ門ヒルズや、新駅周辺で今後建設される複数の再開発ビルと接続するほか、銀座線虎ノ門駅までつなぐ地下歩行者通路(延長約370メートル)も整備される。新駅の土木工事(営業線トンネルの改造工事)の掘削数量は3万5900立方メートル、工作物の解体数量は490立方メートル。コンクリートの使用量は約9600立方メートル。工期は55カ月。建築・設備工事の発注時期は未定。再開発ビルとの接続部などの発注方法についても、都市機構など関係先と今後詰める。

東京メトロ/日比谷線虎ノ門新駅設置土木WTO入札公告/11月27日開札

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート

    「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート

  2. 企業倒産件数、11月として1990年以来の低水準、製造・小売は苦戦

    企業倒産件数、11月として1990年以来の低水準、製造・小売は苦戦

  3. 映画雑誌「SCREEN」発行元が自己破産

    映画雑誌「SCREEN」発行元が自己破産

  4. 家電や半導体の失敗を繰り返すな…日本電産・永守会長

  5. 基礎杭工事問題対策委が中間報告、16年1月に施工ルール告示案

  6. TPPをチャンスに! 「中小企業輸出支援ハンドブック」発行

  7. 早期退職者募集、2年連続で最少…東京商工リサーチ

  8. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  9. 【展望2016・上】収益基盤安定に注力するゼネコン各社、具体指針は?

  10. 年末緊急! 都が中小企業の金融・雇用等を支援

アクセスランキングをもっと見る

page top