微細藻類研究で日本とマレーシアの教育機関が協力 画像 微細藻類研究で日本とマレーシアの教育機関が協力

海外進出

微細藻類を共同研究地球規模課題対応国際科学技術協力プログラムの一環で、日本とマレーシアの教育機関は微細藻類(マイクロアルジェ)から高付加価値な化合物を抽出するために、持続可能な水産養殖に関する共同研究を行う。微細藻類(マイクロアルジェ)は肉眼では見えないほどの小さな藻で、植物性プランクトンとも呼ばれる。微細藻類の種類はとても多くその実数はいまだ確かではないが、代表的なものは、クロレラ、イシクラゲ、ユーグレナなどがある。約35億年前から存在していたとされる地球で最も古い生物。研究には日本の創価大学、東京大学、国立環境研究所、東京工業大学が参加し、マレーシア側からはマレーシア・プトラ大学(UPM)、レディング大学、セランゴール大学、マレーシアトレンガヌ大学が参加する。微細藻類から抽出される化合物は抗酸化剤で、アンチエイジング、ヘルスケア、美容製品に使用されている。UPMの副学長Datuk Dr Mohd Fauzi Ramlan氏によると、研究の期間は2016年1月から2020年12月までの5年間となる見込み。抗酸化剤以外の可能性も追求国際協力機構(JICA)の水産部門シニアアドバイザーのSugiyama Shunji氏は「この研究は抗酸化剤を抽出するだけが目的ではなく、他の有用な化合物が微細藻類から抽出できるかどうかも調査していく。私たちは量産化や民間部門での商品化に向けた研究を進めていく。」と述べた。(BERNAMAより引用)(画像はイメージです)
《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  3. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  4. 双日、ミャンマーで外食事業に参入。3月にフードコートをオープン

  5. JAグループやジェトロ、農林水産物・食品の輸出拡大へ15団体協定

  6. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  7. ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

  8. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  9. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  10. 【越境ECを地方から:1】最小の資金&手間で、作務衣を世界へ

アクセスランキングをもっと見る

page top