劇団四季が名古屋駅徒歩10分圏に新劇場、10月着工で16年秋オープンへ 画像 劇団四季が名古屋駅徒歩10分圏に新劇場、10月着工で16年秋オープンへ

インバウンド・地域活性

 劇団「四季」は、名古屋市に新しい拠点となる「名古屋四季劇場」を建設する。10月に着工、16年秋オープンを目指す。設計・施工は清水建設。建設地は、中村区名駅南2。敷地約4165平方メートルをNTT都市開発から借りる。規模は、S造地下1階地上3階建て延べ約4644平方メートル。これまでの専用劇場と同様に「客席と舞台に一体感のある濃密な空間」をコンセプトに計画した。客席数は最大1200席。2階客席は1階席中央までせり出し、臨場感を高める。リニア中央新幹線の27年開業を見据え、名古屋駅周辺では大規模再開発が進んでいる。新劇場は駅から徒歩約10分の距離。これまでの「新名古屋ミュージカル劇場」(中区栄1)に比べ、アクセスが格段に向上する。新名古屋ミュージカル劇場は、新劇場のオープン後に閉鎖される予定。

劇団四季/名古屋市中村区に新劇場、清水建設で10月着工/16年秋オープンへ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top