劇団四季が名古屋駅徒歩10分圏に新劇場、10月着工で16年秋オープンへ 画像 劇団四季が名古屋駅徒歩10分圏に新劇場、10月着工で16年秋オープンへ

インバウンド・地域活性

 劇団「四季」は、名古屋市に新しい拠点となる「名古屋四季劇場」を建設する。10月に着工、16年秋オープンを目指す。設計・施工は清水建設。建設地は、中村区名駅南2。敷地約4165平方メートルをNTT都市開発から借りる。規模は、S造地下1階地上3階建て延べ約4644平方メートル。これまでの専用劇場と同様に「客席と舞台に一体感のある濃密な空間」をコンセプトに計画した。客席数は最大1200席。2階客席は1階席中央までせり出し、臨場感を高める。リニア中央新幹線の27年開業を見据え、名古屋駅周辺では大規模再開発が進んでいる。新劇場は駅から徒歩約10分の距離。これまでの「新名古屋ミュージカル劇場」(中区栄1)に比べ、アクセスが格段に向上する。新名古屋ミュージカル劇場は、新劇場のオープン後に閉鎖される予定。

劇団四季/名古屋市中村区に新劇場、清水建設で10月着工/16年秋オープンへ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  6. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  7. 北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  10. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top