象潟仁賀保道路が10月18日全線開通、日本海側の電子部品物流や観光活性化に期待 画像 象潟仁賀保道路が10月18日全線開通、日本海側の電子部品物流や観光活性化に期待

インバウンド・地域活性

 東北地方整備局が整備を進めている日本海沿岸東北自動車道象潟仁賀保道路(延長13・7キロ)の全線が10月18日に開通する。12年10月に金浦IC~仁賀保IC(6・9キロ)が開通しており、今回、残りの象潟インターチェンジ(IC)~金浦IC(6・8キロ)が完成するめどが付いた。象潟仁賀保道路は無料区間として運用される。開通後は日本海側のミッシング・リンクが一つ解消され、地域の主要産業である電子部品の輸送効率化や観光交流の活性化、救急搬送の効率化などが期待される。両ICから、併走する国道7号と相互に乗り入れられるようになり、災害時などに代替路線として活用できる。
 10月に開通する金浦ICと象潟ICは、にかほ市役所の金浦庁舎と同象潟庁舎の東側にそれぞれ位置している。秋田県内の電子部品関連産業は製造品出荷額の25%を占める主要産業で、にかほ市と由利本荘市に工場などが集中している。道路開通後は物流の効率化が見込まれる。象潟ICの付近には道の駅があり、山形や新潟などからの観光客増加が期待される。にかほ市の救急搬送の94%が由利本荘市の病院に搬送されており、その96%が日沿道を利用していることから、救急搬送の効率化に寄与する効果も見込まれる。災害時のリスクを回避するメリットも生じる。由利本荘地域の主要幹線道路である国道7号は21カ所が津波浸水域を通過している。象潟仁賀保道路が開通すれば、災害時に道路が寸断されても別のルートを選択できるようになる。国土交通省の当初予算には、国道7号象潟仁賀保道路の整備費として18億円が盛り込まれた。

東北整備局/象潟仁賀保道路が10月18日全線開通/ミッシングリンク解消

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

    JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  7. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  8. 紙ではなく金網の折り紙!? 熟練職人の遊び心によるアイデア商品

  9. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

アクセスランキングをもっと見る

page top