本日の新聞から:リーフ、プリウス、ホンダFCVの走行距離競争勃発!? 画像 本日の新聞から:リーフ、プリウス、ホンダFCVの走行距離競争勃発!?

インバウンド・地域活性

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2015年8月24日付

●首相来月訪中見送り、安保審議など考慮(読売・1面)

●ブルトレ半世紀の歴史に幕「北斗星」ラストラン(読売・1面)

●五輪スポンサー困惑、エンブレム盗用疑惑「企業イメージが悪化」(産経・3面)

●静かな熱気、EVレース「フォーミュラE」デモ走行(産経・3面)

●期間工の正社員登用拡大、アイシンAW4割増、豊田織機2倍(日経・9面)


ひとくちコメント

環境に優しい電気自動車(EV)などのエコカーの走行可能距離が一段と長くなるという。8月23日の日経が朝刊の1面トップ記事で「エコカー走行距離長く」と大きく報じていた。それによると、まず、日産自動車が年末にも電気自動車『リーフ』を改良し、フル充電での走行可能距離を3割増の300キロメートルとするそうだ。

電池の容積を変えずに現行の製造ラインを使用するため、原価の大幅増にはならない見通しで、販売価格を大きく変えることなく商品力を上げるという。つまり、現行リーフを部分改良して発売するそうだ。

また、トヨタ自動車は12月、ガソリン1リットルあたり40キロメートル超と現行モデルより約2割長く走るハイブリッド車(HV)『プリウス』の新型車を発売するという。従来のニッケル水素電池だけでなく、リチウムイオン電池も採用し、小型化しながらも出力性能を高める模様だ。

ホンダも2016年3月末までに発売する燃料電池車の走行可能距離を700キロメートル以上の水準にすると意気込んでいる。

記事では「クルマの電動化を軸にエコカーの使い勝手を高め、グローバル市場での普及を促す」と伝えている。たとえば、EVの弱点は航続距離が短いことだが、それを軽減できれば普及に弾みが付くとみられる。ただ、個人的にはあのリーフの個性的で風変りなデザインをどうにかしてほしいものである。

【新聞ウォッチ】EV普及のカギ握る走行距離…日産 リーフ 、フル充電300キロの改良モデル投入へ

《福田俊之》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  5. 大分県の屋内スポーツ施設、ラグビーワールドカップまでに完成

  6. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

アクセスランキングをもっと見る

page top