新明和スライドデッキの新モデル…低床化で積載可能容積&重量アップ 画像 新明和スライドデッキの新モデル…低床化で積載可能容積&重量アップ

インバウンド・地域活性

新明和工業は、「スライドデッキ」の新モデルを8月24日に発売する。

スライドデッキは、床面に敷き詰めたレールユニットを後方にスライドさせることにより、木材チップ、肥料、穀類などの積荷を、ボディをダンプさせることなく排出できることが特長。これにより、不整地や屋内などのダンプが制限される場所での積荷の排出もより安全に行うことができる。

新モデルでは、ボディの低床化により従来に比べて荷台容積を約2.2立方米増やしたほか、標準仕様で約190kgの軽量化を図り、積載重量の増加も実現した。

また、荷台に残った積荷を容易に掃き出すことができるフラットレールや、排出時間を従来に比べて約2分短縮できる大容量ポンプを、新たにオプションとして設定。多様なニーズに対応した。

価格(シャシ代金除く・標準仕様)は631万3000円。

新明和工業、スライドデッキ新モデルを発売…積載可能容積&重量アップ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  5. 地域建設業の今とこれから…最前線で何が起きているのか

  6. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  7. 相鉄の鶴ケ峰駅付近連続立体交差事業、地下方式採用/「開かずの踏切」5か所撤去へ

  8. 魚肉も美味!キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス

  9. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  10. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

アクセスランキングをもっと見る

page top