新明和スライドデッキの新モデル…低床化で積載可能容積&重量アップ 画像 新明和スライドデッキの新モデル…低床化で積載可能容積&重量アップ

インバウンド・地域活性

新明和工業は、「スライドデッキ」の新モデルを8月24日に発売する。

スライドデッキは、床面に敷き詰めたレールユニットを後方にスライドさせることにより、木材チップ、肥料、穀類などの積荷を、ボディをダンプさせることなく排出できることが特長。これにより、不整地や屋内などのダンプが制限される場所での積荷の排出もより安全に行うことができる。

新モデルでは、ボディの低床化により従来に比べて荷台容積を約2.2立方米増やしたほか、標準仕様で約190kgの軽量化を図り、積載重量の増加も実現した。

また、荷台に残った積荷を容易に掃き出すことができるフラットレールや、排出時間を従来に比べて約2分短縮できる大容量ポンプを、新たにオプションとして設定。多様なニーズに対応した。

価格(シャシ代金除く・標準仕様)は631万3000円。

新明和工業、スライドデッキ新モデルを発売…積載可能容積&重量アップ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 大丸心斎橋店本館を建替、ヴォーリズ建築の価値を継承

  5. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. 【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

  10. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top