新明和スライドデッキの新モデル…低床化で積載可能容積&重量アップ 画像 新明和スライドデッキの新モデル…低床化で積載可能容積&重量アップ

インバウンド・地域活性

新明和工業は、「スライドデッキ」の新モデルを8月24日に発売する。

スライドデッキは、床面に敷き詰めたレールユニットを後方にスライドさせることにより、木材チップ、肥料、穀類などの積荷を、ボディをダンプさせることなく排出できることが特長。これにより、不整地や屋内などのダンプが制限される場所での積荷の排出もより安全に行うことができる。

新モデルでは、ボディの低床化により従来に比べて荷台容積を約2.2立方米増やしたほか、標準仕様で約190kgの軽量化を図り、積載重量の増加も実現した。

また、荷台に残った積荷を容易に掃き出すことができるフラットレールや、排出時間を従来に比べて約2分短縮できる大容量ポンプを、新たにオプションとして設定。多様なニーズに対応した。

価格(シャシ代金除く・標準仕様)は631万3000円。

新明和工業、スライドデッキ新モデルを発売…積載可能容積&重量アップ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  2. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  3. コシヒカリに代わる米の新品種「新之助」、新潟県が開発

    コシヒカリに代わる米の新品種「新之助」、新潟県が開発

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 【地方発ヒット商品の裏側】人工乳房から人工ボディパーツへ、そして世界へ――池山メディカルジャパン

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 佐賀唐津道路「多久市~佐賀市」の都市計画決定が告示

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 桜美林学園が新宿区に新キャンパス整備、財務省から土地と建物を取得

  10. ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

アクセスランキングをもっと見る

page top