イオン、ミャンマー洪水被災者に2万米ドルを寄付……13年より学校建設支援も 画像 イオン、ミャンマー洪水被災者に2万米ドルを寄付……13年より学校建設支援も

海外進出

14日に贈呈式が開催されるイオンワンパーセントクラブ(以下同財団)は14日、ミャンマー商工会議所連合会(以下UMFCCI)において、同国の洪水被害の被災者に向けて、災害復興支援金2万米ドル(約250万円)を現地の災害対策本部に贈呈した。贈呈式は同日午後4時から開催され、開会の挨拶を同財団の代表者と、ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)の副会長Zaw Min Win氏が行った。贈呈式にはイオンのほか、複数の企業が参加した。洪水被災者のために、食料品や医薬品の支援が急務ミャンマーでは、中部、北部を中心に7月中旬より続いた豪雨によって、死者100人以上、被災者100万人以上の甚大な洪水被害が発生した。現在も食料品や日用品、医薬品などの支援が急務となっている。イオンワンパーセントクラブは、2013年より、ミャンマーにおいて学校建設支援事業を実施し、これまでに35校の建設を支援してきた。しかし、同国の洪水被害によって、学校に通う子供らも洪水の被害を受けており、避難所での生活を余儀なくされている現状がある。そのような状況を踏まえ、同財団では食料や医薬品などの支援に役立ててもらうために、2万米ドルを寄付したものである。(画像は、ミャンマー商工会議所連合会 Facebookより)

イオン ミャンマー洪水被災者に2万米ドルを寄付

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  3. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  4. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  5. パタヤにもある「日本のクオリティ」、変わりゆくタイ東部

  6. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  7. トヨタ首位陥落、新車販売はスバル以外7社が前年割れ……新聞からみる自動車業界

  8. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  9. フジオフードシステム、ベトナムで「串家物語」などFC展開 

  10. 【時事エッセイ】バンコクで発見した、日本発インフラのクオリティ

アクセスランキングをもっと見る

page top