【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

インバウンド・地域活性

島根県庁と観光連盟のみなさんとしまねっこ
  • 島根県庁と観光連盟のみなさんとしまねっこ
  • しまねっこ
  • しまねっこ
  • しまねっこ
  • みんなといっしょで写真をとるにゃ
  • 島根県商工労働部観光振興課 しまねの魅力発信室 観光宣伝グループ 主任主事 千原洋樹氏
  • 島根県観光連盟 総務企画課 課長 和田久史氏
  • 島根県観光連盟 総務企画課 書記 村上佳子氏
 「しまねっこ」は言わずと知れた島根県のご当地キャラだ。ゆるキャラグランプリで3年連続のトップ10入りを果たすなど実力も十分。前回から時間が空いてしまったが「ご当地キャラの仕掛け人に訊く!」シリーズ第2弾は「しまねっこ」にスポットをあてる。

 取材に応じてくれたのは、島根県商工労働部観光振興課 しまねの魅力発信室 観光宣伝グループ 主任主事 千原洋樹氏、島根県観光連盟 総務企画課 課長 和田久史氏、同書記 村上佳子氏の3名。しまねっこのライセンスを含むすべてを管理しているのは島根県観光連盟となる。

■しまねっこデザインに寄せられた作品は346点
 しまねっこは、「2010年1月に全国からの公募によって寄せられたデザインから決定されました。(村上氏)」といい、その応募作品は346点にものぼった。その中からネットによる人気投票によって26の候補に絞り込み、審査会を経て黄色いねこのデザインに最終決定した。

 しまねっこが生まれた5年前は、ゆるキャラ、ご当地キャラのブームがじわじわと盛り上がってきたころで「ゆるキャラグランプリ」もこの年に第1回が開催されている。島根県では当時から、しまねっこを県内各地のお祭り、特産品のイベントなど、主に県の観光PRを目的に活躍させていた。
《中尾真二/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  4. ESRが兵庫県尼崎市に国内最大級の物流施設。延べ39万平米

  5. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  6. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  7. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  8. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  10. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

アクセスランキングをもっと見る

page top