ヤマトプロテック、ミャンマーの洪水被災地に非常用食料品1500食分配布 画像 ヤマトプロテック、ミャンマーの洪水被災地に非常用食料品1500食分配布

海外進出

1500食の非常用食料品が配布される総合防災システムメーカーのヤマトプロテックは17日、ミャンマーの洪水被害に対して、同社で販売している非常用食料品1500食分を被災地へ配布することを発表した。非常用食料品は、タイの現地法人、ヤマトプロテックアジアと旭日産業タイランドと共同で、ヤンゴン消防局を通じて配布される。同社は、1918年に創業した総合防災システムメーカーで、消火器、ビルなどの消火システム、火災警報システムなどの開発、製造を行う。創業当時の理念、「かけがえのない人命と財産を守りたい」を現在も継承しており、社会に安心と安全を提供している。お湯や水を注ぐだけで、簡単に調理が可能ヤマトプロテックは、洪水の被災地では食料の確保が困難であること、また、調理ができない状況であることから、調理の必要がない非常用食料品を配布することを決定した。配布される食料品は、お湯や水を注ぐだけで食べることができるもので、えびピラフやチキンライスなどご飯もののほかに、カルボナーラやペペロンチーノがある。同社は、消火器や消火システムの製造をメインとしているが、防災用品として、非常用食料品や飲料水の販売も行っている。ご飯類やパスタなど豊富な種類を取りそろえているほか、避難所や病院向けにアルファ米炊き出しセット(50食分)など、大人数用の非常用食料品も取り扱っている。同社は引き続き、同国の洪水被災者に対し、できる限りの支援を行っていく考えだ。(画像はニュースリリースより)

ヤマトプロテック 洪水被災地に非常用食料品を配布

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  2. 【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

    【養殖モノを海外で売る!:3】狙うは富裕層、DHA強化ブリ

  3. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

    昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

  4. 世界銀行、ミャンマーの経済成長予測を発表。日本より順調ながら・・・

  5. 【Sakeの海外戦略:4】世界100カ国で「梵」が成功した理由

  6. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

  7. 三重県、北米市場進出を考える県内企業向けセミナー開催 10月6日

  8. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  9. ソフトウェアに次ぐ成長分野は? アジアのテック企業成長調査

  10. 楽天がマレーシアのマーケットプレイスを3月で閉鎖

アクセスランキングをもっと見る

page top