ヤマトプロテック、ミャンマーの洪水被災地に非常用食料品1500食分配布 画像 ヤマトプロテック、ミャンマーの洪水被災地に非常用食料品1500食分配布

海外進出

1500食の非常用食料品が配布される総合防災システムメーカーのヤマトプロテックは17日、ミャンマーの洪水被害に対して、同社で販売している非常用食料品1500食分を被災地へ配布することを発表した。非常用食料品は、タイの現地法人、ヤマトプロテックアジアと旭日産業タイランドと共同で、ヤンゴン消防局を通じて配布される。同社は、1918年に創業した総合防災システムメーカーで、消火器、ビルなどの消火システム、火災警報システムなどの開発、製造を行う。創業当時の理念、「かけがえのない人命と財産を守りたい」を現在も継承しており、社会に安心と安全を提供している。お湯や水を注ぐだけで、簡単に調理が可能ヤマトプロテックは、洪水の被災地では食料の確保が困難であること、また、調理ができない状況であることから、調理の必要がない非常用食料品を配布することを決定した。配布される食料品は、お湯や水を注ぐだけで食べることができるもので、えびピラフやチキンライスなどご飯もののほかに、カルボナーラやペペロンチーノがある。同社は、消火器や消火システムの製造をメインとしているが、防災用品として、非常用食料品や飲料水の販売も行っている。ご飯類やパスタなど豊富な種類を取りそろえているほか、避難所や病院向けにアルファ米炊き出しセット(50食分)など、大人数用の非常用食料品も取り扱っている。同社は引き続き、同国の洪水被災者に対し、できる限りの支援を行っていく考えだ。(画像はニュースリリースより)

ヤマトプロテック 洪水被災地に非常用食料品を配布

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

    ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  2. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

    ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  3. 日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

    日本方式採用のインド新幹線、総事業費約1.8兆円/オールジャパン体制で事業推進

  4. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  5. インドネシアとエジプトの両大統領が会談

  6. 日本発の果物、野菜ーー海外での品種登録の支援へ!

  7. フィリピンでの再生エネ事業、ノウハウを国内に逆輸入

  8. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  9. 本日の新聞から:スカイマーク支援はANAで決着……エアバス、ロールスロイスへの発注が決め手か

  10. 十六銀行、インドネシア・タイへの海外進出に関するセミナー&個別相談会を開催

アクセスランキングをもっと見る

page top