カナダ年金基金投資委員会がマレーシアの不動産ビジネスに進出、高級市街地開発に投資 画像 カナダ年金基金投資委員会がマレーシアの不動産ビジネスに進出、高級市街地開発に投資

制度・ビジネスチャンス

マレーシア不動産大手とジョイントベンチャーを創設18日、カナダ年金基金投資委員会(CPPIB)はマレーシアの不動産ビジネスに初めて参入することを発表した。同委員会はマレーシアに拠点を置く世界的な不動産会社パビリオングループとジョイントベンチャーを創設し、クアラルンプール市内のパビリオン・ダマンサラ・ハイツの開発に投資する。CPPIBは同ジョイントベンチャーに4億8,500万リンギットを出資する。パビリオン・ダマンサラ・ハイツはオフィスビル、高級住宅と高級レストランやブランドショップ等を含んでおり、ペトロナスツインタワーから10km程度の高級市街地に位置している。高速道路やMRTの駅にも近く交通の便も良い。CPPIB不動産部門の専務Jimmy Phua氏は「私たちはマレーシアへの初めての不動産直接投資を、同国で大変信頼が厚い不動産開発会社パビリオングループとのジョイントベンチャーで行うことができ、大変嬉しく思っている。このジョイントベンチャーは私たちの投資戦略に合致しており、長期にわたってリスクに見合った魅力的なリターンをもたらしてくれると考えている。」と述べた。(同社ニュースリリースより引用)巨大な組織同士が協力パビリオングループはクアラルンプール市内で複数のショッピングモールやオフィスビルの開発を手がけており、マレーシアでは最も力のある不動産開発会社。CPPIBはカナダ年金基金(CPP)が持つ約2,686億カナダドル相当の資産を運用する世界最大規模の公的年金運用機関。世界各地の不動産投資や開発も行っている。

カナダ年金基金投資委員会 マレーシアの不動産ビジネスに進出

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

    【健康経営が生む新ビジネス:2】トップ営業に意外なニーズが

  2. 【あたらしい訪問型ビジネス:1】老人ホームが薬局の“顧客”になる日

    【あたらしい訪問型ビジネス:1】老人ホームが薬局の“顧客”になる日

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. 【あたらしい訪問型ビジネス:3】“オフィス”をセラピーの場に

  5. 【田舎にもっと外貨を!:3】古民家再生はCOOL!

  6. 【健康経営が生む新ビジネス:3】オフィス訪問の野菜販売が好調!

  7. 国交省の社保未加入対策、現場入場規制で再周知。一覧表や一問一答を用意

  8. 中小企業の事業承継に、日本的M&Aという新たな選択肢

  9. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  10. 【健康経営が生む新ビジネス:1】“チャットで健康相談”にニーズ

アクセスランキングをもっと見る

page top