カナダ年金基金投資委員会がマレーシアの不動産ビジネスに進出、高級市街地開発に投資 画像 カナダ年金基金投資委員会がマレーシアの不動産ビジネスに進出、高級市街地開発に投資

制度・ビジネスチャンス

マレーシア不動産大手とジョイントベンチャーを創設18日、カナダ年金基金投資委員会(CPPIB)はマレーシアの不動産ビジネスに初めて参入することを発表した。同委員会はマレーシアに拠点を置く世界的な不動産会社パビリオングループとジョイントベンチャーを創設し、クアラルンプール市内のパビリオン・ダマンサラ・ハイツの開発に投資する。CPPIBは同ジョイントベンチャーに4億8,500万リンギットを出資する。パビリオン・ダマンサラ・ハイツはオフィスビル、高級住宅と高級レストランやブランドショップ等を含んでおり、ペトロナスツインタワーから10km程度の高級市街地に位置している。高速道路やMRTの駅にも近く交通の便も良い。CPPIB不動産部門の専務Jimmy Phua氏は「私たちはマレーシアへの初めての不動産直接投資を、同国で大変信頼が厚い不動産開発会社パビリオングループとのジョイントベンチャーで行うことができ、大変嬉しく思っている。このジョイントベンチャーは私たちの投資戦略に合致しており、長期にわたってリスクに見合った魅力的なリターンをもたらしてくれると考えている。」と述べた。(同社ニュースリリースより引用)巨大な組織同士が協力パビリオングループはクアラルンプール市内で複数のショッピングモールやオフィスビルの開発を手がけており、マレーシアでは最も力のある不動産開発会社。CPPIBはカナダ年金基金(CPP)が持つ約2,686億カナダドル相当の資産を運用する世界最大規模の公的年金運用機関。世界各地の不動産投資や開発も行っている。

カナダ年金基金投資委員会 マレーシアの不動産ビジネスに進出

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

    「中小企業の《経営論》」第5回:「トップダウン」と「ボトムアップ」のバランスと使い分け

  2. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  3. 羽田空港周辺インフラ整備の工程表、新設道路も

    羽田空港周辺インフラ整備の工程表、新設道路も

  4. リニア新幹線ガイドウェイ側壁製作工3件発注へ/関東、山梨、愛知

  5. 納豆市場が急成長! 16年、過去最高の2140億円/「国産使用」後押し

  6. ボッシュ、電動アシスト自転車で日本市場に参入/拡大する日本の電動自転車市場

  7. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  8. 【海外進出を支援する:2】有田焼を世界へ広げたローカライズ

  9. 国交省、労務費調査説明会開く/休日拡大で項目新設、賃金支払い実態把握へ

  10. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

アクセスランキングをもっと見る

page top