カナダ年金基金投資委員会がマレーシアの不動産ビジネスに進出、高級市街地開発に投資 画像 カナダ年金基金投資委員会がマレーシアの不動産ビジネスに進出、高級市街地開発に投資

制度・ビジネスチャンス

マレーシア不動産大手とジョイントベンチャーを創設18日、カナダ年金基金投資委員会(CPPIB)はマレーシアの不動産ビジネスに初めて参入することを発表した。同委員会はマレーシアに拠点を置く世界的な不動産会社パビリオングループとジョイントベンチャーを創設し、クアラルンプール市内のパビリオン・ダマンサラ・ハイツの開発に投資する。CPPIBは同ジョイントベンチャーに4億8,500万リンギットを出資する。パビリオン・ダマンサラ・ハイツはオフィスビル、高級住宅と高級レストランやブランドショップ等を含んでおり、ペトロナスツインタワーから10km程度の高級市街地に位置している。高速道路やMRTの駅にも近く交通の便も良い。CPPIB不動産部門の専務Jimmy Phua氏は「私たちはマレーシアへの初めての不動産直接投資を、同国で大変信頼が厚い不動産開発会社パビリオングループとのジョイントベンチャーで行うことができ、大変嬉しく思っている。このジョイントベンチャーは私たちの投資戦略に合致しており、長期にわたってリスクに見合った魅力的なリターンをもたらしてくれると考えている。」と述べた。(同社ニュースリリースより引用)巨大な組織同士が協力パビリオングループはクアラルンプール市内で複数のショッピングモールやオフィスビルの開発を手がけており、マレーシアでは最も力のある不動産開発会社。CPPIBはカナダ年金基金(CPP)が持つ約2,686億カナダドル相当の資産を運用する世界最大規模の公的年金運用機関。世界各地の不動産投資や開発も行っている。

カナダ年金基金投資委員会 マレーシアの不動産ビジネスに進出

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

    お客さまとの距離が近い!年賀はがきのDMが支持される意外な理由

  2. 誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

    誘因(給与)と貢献(労働)のバランスをどう取ればいいのか?

  3. ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

    ~あたらしい訪問型ビジネス:4~いつもと同じ環境の中での“アイケア”

  4. 国交省が専門工事会社評価にキャリアアップシステムを応用、抱える技能者で判断可能に

  5. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  6. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  7. 中堅企業の33%「兼業・副業OK」 大企業より柔軟/アメリカン・エキスプレス・インターナショナル調査

  8. 「地中拡幅工法」検討に苦心…関東整備局が民間企業から意見聴取へ

  9. 国内建設市場は19年にピーク? 建設関連100社アンケート

  10. 全国設備業IT推進会、中小企業などのIT化推進!

アクセスランキングをもっと見る

page top