マレーシアの国立動物園でジャイアントパンダ出産! ナジブ首相も喜びの声 画像 マレーシアの国立動物園でジャイアントパンダ出産! ナジブ首相も喜びの声

制度・ビジネスチャンス

国立動物園のリアンリアン外交的には難しい時期が続くマレーシアと中国だが、その中国から借り受け、国立動物園・ズーネガラで飼育されているジャイアントパンダのリアンリアンが18日、出産した。ナジブ首相は自身の持つTwitterとFacebookのアカウントに、国立動物園のパンダ・リアンリアンが午後1時45分に出産したことを聞き、とても嬉しい。(The Straits Timesより)と喜びのコメントを投稿した。パンダ外交の一環両国は、中国の「パンダ外交」の一環として2012年、つがいのパンダを10年間マレーシアに滞在させることで合意した。昨年4月にマレーシアにやって来る予定だったが、マレーシア航空370便(MH370)の失踪の影響で1ヶ月程遅れて到着した。また、当時770万ドルをかけて整備されたパンダ舎も、危機に瀕している自国の自然環境保護に費やした方が良いのではないか。(The Straits Timesより)など、論争を巻き起こした。赤ちゃんパンダの性別だが、ジャイアントパンダ保護センターのマット・ナイム・ラムリ氏によると、リアンリアンが赤ちゃんパンダを守っているため、手足や体の一部は見えるものの、性別まではまだ確認できないとのことだ。(画像はThe Straits Timesより)

ズーネガラのジャイアントパンダ出産!

《マレーシアニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

    成功する新業態:01|月2000円で飲み放題のコーヒースタンド

  2. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  3. 「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

    「国家戦略特区」その後。ドローン、民泊、外国人就労・・・合格点は?

  4. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  5. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  6. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(3)】番号制度担当室長が語る本音!

  7. 【着地型観光:3】ストーリーをどう作ればいいのか?

  8. 担い手不在集落を近隣地域で支援、大分県が新規事業

  9. 東北整備局で震災後初の道路啓開訓練を実施

  10. 環七地下広域調節池の石神井川区間を工事。集中豪雨にも効果を発揮!

アクセスランキングをもっと見る

page top