ダイハツ、ASEAN向け次世代エンジン…インドネシア・マレーシアに展開 画像 ダイハツ、ASEAN向け次世代エンジン…インドネシア・マレーシアに展開

インバウンド・地域活性

ダイハツ工業は8月20日、アセアン向け次世代エンジンを新開発し、インドネシア、マレーシアで投入すると発表した。

インドネシアでは、ダイハツのインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)が8月20日より発売した改良新型『セニア』に搭載した。

新型エンジンは、セニアとADMが生産するトヨタブランドの『アバンザ』に搭載する「2NR-VEエンジン(1.3リットル)」と、アバンザに搭載する「2NR-VEエンジン(1.5リットル)」の2種類。現地調達部品の採用拡大などにより、大幅な低コスト化を実現したほか、デュアルVVT-Iなどを採用した高性能低燃費エンジンとなっている。

新型エンジンの開発は、ベース部分をダイハツとトヨタが共同開発し、FR仕様への適合についてはダイハツが独自で実施。新型エンジンは、ADMカラワンエンジン工場の新ラインで生産する。同ラインはダイハツが培ってきた生産コンセプト「シンプル・スリム・コンパクト(SSC)」を導入した最新鋭の生産ラインとなっている。

今後は様々なバリエーションへの発展を図るとともに、マレーシアの現地合弁会社「プロドゥア」の車両にも搭載する。マレーシアでは、2016年年央に稼動予定の新エンジン会社で生産し、同工場にもSSCのコンセプトを採用する。

ダイハツでは、新型エンジンをアセアン向け次世代エンジンとして位置づけ、同地域での競争力強化を推進する。

ダイハツ、アセアン向け次世代エンジンを開発…インドネシア、マレーシアに展開

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  4. 富裕層インバウンドの法則その3

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  7. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top