ダイハツ、ASEAN向け次世代エンジン…インドネシア・マレーシアに展開 画像 ダイハツ、ASEAN向け次世代エンジン…インドネシア・マレーシアに展開

インバウンド・地域活性

ダイハツ工業は8月20日、アセアン向け次世代エンジンを新開発し、インドネシア、マレーシアで投入すると発表した。

インドネシアでは、ダイハツのインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)が8月20日より発売した改良新型『セニア』に搭載した。

新型エンジンは、セニアとADMが生産するトヨタブランドの『アバンザ』に搭載する「2NR-VEエンジン(1.3リットル)」と、アバンザに搭載する「2NR-VEエンジン(1.5リットル)」の2種類。現地調達部品の採用拡大などにより、大幅な低コスト化を実現したほか、デュアルVVT-Iなどを採用した高性能低燃費エンジンとなっている。

新型エンジンの開発は、ベース部分をダイハツとトヨタが共同開発し、FR仕様への適合についてはダイハツが独自で実施。新型エンジンは、ADMカラワンエンジン工場の新ラインで生産する。同ラインはダイハツが培ってきた生産コンセプト「シンプル・スリム・コンパクト(SSC)」を導入した最新鋭の生産ラインとなっている。

今後は様々なバリエーションへの発展を図るとともに、マレーシアの現地合弁会社「プロドゥア」の車両にも搭載する。マレーシアでは、2016年年央に稼動予定の新エンジン会社で生産し、同工場にもSSCのコンセプトを採用する。

ダイハツでは、新型エンジンをアセアン向け次世代エンジンとして位置づけ、同地域での競争力強化を推進する。

ダイハツ、アセアン向け次世代エンジンを開発…インドネシア、マレーシアに展開

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

    埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  5. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  6. 青森県むつ市が新体育館建設、スポーツのほか余暇を過ごす市民憩いの空間へ

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 北海道財務局、札幌・琴似住宅跡地売却の入札公告。12月20日まで参加受付

  9. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

  10. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

アクセスランキングをもっと見る

page top