ダイハツ、ASEAN向け次世代エンジン…インドネシア・マレーシアに展開 画像 ダイハツ、ASEAN向け次世代エンジン…インドネシア・マレーシアに展開

インバウンド・地域活性

ダイハツ工業は8月20日、アセアン向け次世代エンジンを新開発し、インドネシア、マレーシアで投入すると発表した。

インドネシアでは、ダイハツのインドネシアの子会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)が8月20日より発売した改良新型『セニア』に搭載した。

新型エンジンは、セニアとADMが生産するトヨタブランドの『アバンザ』に搭載する「2NR-VEエンジン(1.3リットル)」と、アバンザに搭載する「2NR-VEエンジン(1.5リットル)」の2種類。現地調達部品の採用拡大などにより、大幅な低コスト化を実現したほか、デュアルVVT-Iなどを採用した高性能低燃費エンジンとなっている。

新型エンジンの開発は、ベース部分をダイハツとトヨタが共同開発し、FR仕様への適合についてはダイハツが独自で実施。新型エンジンは、ADMカラワンエンジン工場の新ラインで生産する。同ラインはダイハツが培ってきた生産コンセプト「シンプル・スリム・コンパクト(SSC)」を導入した最新鋭の生産ラインとなっている。

今後は様々なバリエーションへの発展を図るとともに、マレーシアの現地合弁会社「プロドゥア」の車両にも搭載する。マレーシアでは、2016年年央に稼動予定の新エンジン会社で生産し、同工場にもSSCのコンセプトを採用する。

ダイハツでは、新型エンジンをアセアン向け次世代エンジンとして位置づけ、同地域での競争力強化を推進する。

ダイハツ、アセアン向け次世代エンジンを開発…インドネシア、マレーシアに展開

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

    8兆円のインバウンド市場を獲得せよ!~地域観光商品とB2B商談会~

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

    ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  4. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  5. 大手町二丁目常盤橋地区再開発、高さ日本一(390メートル)のビル!

  6. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  7. “「ななつ星」の産みの親”JR九州・唐池恒二会長が語る「ビジネスと『気』」

  8. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  9. 離島と企業をつなぐ「しまっちんぐ」でビジネス創出&地方創生

  10. 訪日客の “悩みごと”を見つけサービスに変える!/インバウンド・観光ビジネス総合展

アクセスランキングをもっと見る

page top