富山の伝統工芸とコラボした「MADE IN TOYAMA」自動車発表……越中和紙や井波彫刻を活用 画像 富山の伝統工芸とコラボした「MADE IN TOYAMA」自動車発表……越中和紙や井波彫刻を活用

インバウンド・地域活性

光岡自動車は、インテリアに富山県の伝統工芸品をあしらったコンセプトカー『ビュート トヤマ』を8月22日・23日に井波彫刻総合会館(富山県南砺市)で開催される「第41回井波彫刻まつり」で発表・展示する。

光岡自動車は、地元富山の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいという思いから、富山の伝統工芸品である井波彫刻や越中和紙と共演することで、他にはない富山のクルマ、ビュート トヤマを製作した。

ビュート トヤマは、コンパクトセダン『ビュート』をベースとし、インテリアに富山県の伝統工芸品である井波彫刻や越中和紙をあしらった究極の「Made in TOYAMA」となるコンセプトカーだ。

オプション装着された「クラシックインパネ」のウッドタイプパネル部分には、富山湾越しに見る立山連峰の雄大な景色で知られる雨晴海岸の絶景などを、井波彫刻の「欄間」の技法で制作した。

また木製パネルを装着し、同じく富山の伝統工芸品である「越中和紙」を使用した木製の一輪の花やパーセルボードが華を添え、富山県の魅力を全国に向けて発信する。

同社では今後、富山のみならず北陸、ひいては日本の魅力を世界中に発信し、皆が元気になれるような「地域の産業が持つ魅力を再発見出来るコラボレーションカー」を企画していきたいとしている。

光岡、コンセプトモデル ビュート トヤマ を発表…富山の伝統工芸とコラボ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 富裕層インバウンドの法則その1

  5. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. 「ものづくり人材」「観光人材」育成研修受講者募集!京都府

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

アクセスランキングをもっと見る

page top