富山の伝統工芸とコラボした「MADE IN TOYAMA」自動車発表……越中和紙や井波彫刻を活用 画像 富山の伝統工芸とコラボした「MADE IN TOYAMA」自動車発表……越中和紙や井波彫刻を活用

インバウンド・地域活性

光岡自動車は、インテリアに富山県の伝統工芸品をあしらったコンセプトカー『ビュート トヤマ』を8月22日・23日に井波彫刻総合会館(富山県南砺市)で開催される「第41回井波彫刻まつり」で発表・展示する。

光岡自動車は、地元富山の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいという思いから、富山の伝統工芸品である井波彫刻や越中和紙と共演することで、他にはない富山のクルマ、ビュート トヤマを製作した。

ビュート トヤマは、コンパクトセダン『ビュート』をベースとし、インテリアに富山県の伝統工芸品である井波彫刻や越中和紙をあしらった究極の「Made in TOYAMA」となるコンセプトカーだ。

オプション装着された「クラシックインパネ」のウッドタイプパネル部分には、富山湾越しに見る立山連峰の雄大な景色で知られる雨晴海岸の絶景などを、井波彫刻の「欄間」の技法で制作した。

また木製パネルを装着し、同じく富山の伝統工芸品である「越中和紙」を使用した木製の一輪の花やパーセルボードが華を添え、富山県の魅力を全国に向けて発信する。

同社では今後、富山のみならず北陸、ひいては日本の魅力を世界中に発信し、皆が元気になれるような「地域の産業が持つ魅力を再発見出来るコラボレーションカー」を企画していきたいとしている。

光岡、コンセプトモデル ビュート トヤマ を発表…富山の伝統工芸とコラボ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 「虎ノ門ヒルズ」が拡大・進化、「虎ノ門新駅」に超高層ビル建設

    「虎ノ門ヒルズ」が拡大・進化、「虎ノ門新駅」に超高層ビル建設

  4. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  5. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. 名古屋競馬場の移転計画、跡地がアジア競技大会の選手村候補地に浮上

アクセスランキングをもっと見る

page top