ユニクロ店舗で「週休3日」導入へ、地域正社員の2割程度利用を想定 画像 ユニクロ店舗で「週休3日」導入へ、地域正社員の2割程度利用を想定

マネジメント

 ファーストリテイリングは20日、週の4日を勤務、3日を休日とする制度を、カジュアル衣料品店「ユニクロ」の一部社員を対象に10月から選択制で導入することを明らかにした。多様な働き方ができるようにし、離職防止や新規採用増につなげる。  対象になるのは、国内約840店に勤務する転勤のない「地域正社員」約1万人。このうち、2割程度の応募を想定している。社員が希望すれば半年ごとに通常勤務と週休3日制度の選択ができる。週休3日を選択した場合、店が混雑する土日、祝日が出勤日となり、平日に休む。 1日の勤務時間を8時間から10時間にするため、1週間の労働時間や給与体系も変わらない。週平均労働時間が40時間以内であれば、1日8時間以内の法定労働時間の制限を受けない「変形労働時間制」を活用する。 ファーストリテでは「今後、社内やユニクロ以外の傘下のブランドでも導入を検討していく」(広報部)と話している。

ユニクロ社員「週休3日」

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

    麻生セメント新社長に麻生巖取締役昇格、16年1月1日就任

  2. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

    いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  3. 特殊法人や自治体を対象とした「ダンピング対策」実施状況の調査結果を発表

    特殊法人や自治体を対象とした「ダンピング対策」実施状況の調査結果を発表

  4. 全建ブロック会議を振り返る・上/「危機管理産業」どう維持

アクセスランキングをもっと見る

page top