“藻”のハンドクリームのデンソー、こんどはバイオ燃料実用化に向け大規模培養施設 画像 “藻”のハンドクリームのデンソー、こんどはバイオ燃料実用化に向け大規模培養施設

インバウンド・地域活性

 デンソーは19日、熊本県天草市に微細藻類の大規模実証施設を建設し、2016年4月に稼働すると発表した。微細藻類が生成するオイルを使ったバイオ燃料の実用化に向け大量培養技術を実証する。 土地面積は微細藻類の培養施設としては国内最大級という2万平方メートル。投資額は非公表。培養するのはシュードコリシスチスという微細藻類。デンソーは現在、善明製作所(愛知県西尾市)内の一角(300平方メートル)で培養実験を行っている。 大規模施設で大量培養技術を開発し、18年をめどに同技術の確立を目指す。新施設でのオイル生成量は年間数キログラム―数十キログラム。

“藻”のハンドクリームが話題のデンソー!天草に微細藻類の大規模培養施設

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

    東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

  4. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  5. 富裕層インバウンドの法則その8

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  9. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  10. 日本交通のタクシー、中国人向け決済サービス「WeChat Pay」の取扱開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top