“藻”のハンドクリームのデンソー、こんどはバイオ燃料実用化に向け大規模培養施設 画像 “藻”のハンドクリームのデンソー、こんどはバイオ燃料実用化に向け大規模培養施設

インバウンド・地域活性

 デンソーは19日、熊本県天草市に微細藻類の大規模実証施設を建設し、2016年4月に稼働すると発表した。微細藻類が生成するオイルを使ったバイオ燃料の実用化に向け大量培養技術を実証する。 土地面積は微細藻類の培養施設としては国内最大級という2万平方メートル。投資額は非公表。培養するのはシュードコリシスチスという微細藻類。デンソーは現在、善明製作所(愛知県西尾市)内の一角(300平方メートル)で培養実験を行っている。 大規模施設で大量培養技術を開発し、18年をめどに同技術の確立を目指す。新施設でのオイル生成量は年間数キログラム―数十キログラム。

“藻”のハンドクリームが話題のデンソー!天草に微細藻類の大規模培養施設

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

  10. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

アクセスランキングをもっと見る

page top