“藻”のハンドクリームのデンソー、こんどはバイオ燃料実用化に向け大規模培養施設 画像 “藻”のハンドクリームのデンソー、こんどはバイオ燃料実用化に向け大規模培養施設

インバウンド・地域活性

 デンソーは19日、熊本県天草市に微細藻類の大規模実証施設を建設し、2016年4月に稼働すると発表した。微細藻類が生成するオイルを使ったバイオ燃料の実用化に向け大量培養技術を実証する。 土地面積は微細藻類の培養施設としては国内最大級という2万平方メートル。投資額は非公表。培養するのはシュードコリシスチスという微細藻類。デンソーは現在、善明製作所(愛知県西尾市)内の一角(300平方メートル)で培養実験を行っている。 大規模施設で大量培養技術を開発し、18年をめどに同技術の確立を目指す。新施設でのオイル生成量は年間数キログラム―数十キログラム。

“藻”のハンドクリームが話題のデンソー!天草に微細藻類の大規模培養施設

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  2. “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

    “派手好き”インバウンド、演出の工夫を探る!

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  7. 【着地型観光:1】外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  8. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

  9. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

アクセスランキングをもっと見る

page top