横浜市内で出店を考えている人にチャンス! 空き店舗利用した試験出店の希望者を募集 画像 横浜市内で出店を考えている人にチャンス! 空き店舗利用した試験出店の希望者を募集

インバウンド・地域活性

 横浜市で将来、市内の商店街で出店したい創業希望者向けに、一定期間空き店舗を貸し出すチャレンジショップの応募者募集が開始された。出店準備段階から専門家のアドバイスを受け、店舗経営のノウハウを習得できる。

 第3期となる今回は、保土ケ谷区の和田町商店街の空き店舗を利用しての実施となる。参加費は月額4万4000円。水道光熱費や看板代、販促費、商店街費などは別途出店者が負担する。

 チャレンジショップ後、本格出店を検討できる人で、原則週4日以上、1日6時間以上の営業ができることが条件。また、毎月経営状況の報告などが必要となる。

 募集期間は9月15日正午までで、開店日は11月1日以降を想定。2016年2月28日までの限定出店となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

    九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  2. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  3. 【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

    【規制緩和が生む新観光業:1】地方特化の通訳ガイドはじまる

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 【規制緩和が生む新観光業:2】地域力で稼ぐツアー事業

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 九州一丸で輸出 JA宮崎経済連九経連が新会社

  8. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  9. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  10. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top