横浜市内で出店を考えている人にチャンス! 空き店舗利用した試験出店の希望者を募集 画像 横浜市内で出店を考えている人にチャンス! 空き店舗利用した試験出店の希望者を募集

インバウンド・地域活性

 横浜市で将来、市内の商店街で出店したい創業希望者向けに、一定期間空き店舗を貸し出すチャレンジショップの応募者募集が開始された。出店準備段階から専門家のアドバイスを受け、店舗経営のノウハウを習得できる。

 第3期となる今回は、保土ケ谷区の和田町商店街の空き店舗を利用しての実施となる。参加費は月額4万4000円。水道光熱費や看板代、販促費、商店街費などは別途出店者が負担する。

 チャレンジショップ後、本格出店を検討できる人で、原則週4日以上、1日6時間以上の営業ができることが条件。また、毎月経営状況の報告などが必要となる。

 募集期間は9月15日正午までで、開店日は11月1日以降を想定。2016年2月28日までの限定出店となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 八重洲二丁目中地区再開発、インターナショナルスクール誘致も

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

アクセスランキングをもっと見る

page top