サッポロビール140周年、ガーデンパークを改修へ 画像 サッポロビール140周年、ガーデンパークを改修へ

インバウンド・地域活性

 サッポロビールは、創業140周年記念事業の一環として、札幌市にある複合商業施設「サッポロガーデンパーク」の改修工事に16年2月に着手する。サッポロビール博物館の全面改修や、施設内にある複数の受付の統合などを行い、来場者の利便性と快適性の向上を図る。施工者などは未定。来春のリニューアルオープンを目指す。
 サッポロガーデンパークの所在地は札幌市中央区北7東9(敷地面積約4300平方メートル)。ビールの歴史などに関する展示を行う「サッポロビール博物館」、飲食施設の「サッポロビール園」、商業施設の「アリオ札幌」や、北海道日本ハムファイターズ屋内練習場などで構成する。建物の総延べ床面積は約1万平方メートル。
 歴史的建造物であるビール博物館は赤れんがの外観を残し、3階建て延べ約3350平方メートルの内部を全面改修する。ビール博物館とビール園にそれぞれある受付を統合し、ビール博物館内に総合受付を新設する。このほか、タクシー乗り場の移動や、ガーデンパーク内のサインの見直しなどを行う。ガーデンパークの施設は1890年に精糖工場として建設され、その後麦酒工場に転用された。ビール園は16年に開業50周年を迎える。年間来場者数は約60万人。

サッポロビール/ガーデンパーク改修(札幌市中央区)/16年2月着工へ

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

    春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  4. 伐採果樹で食器作り! リンゴや桃の木からスプーンやフォーク

  5. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  6. 洋上の風車を固定、風力発電向け海洋構造物開発

  7. 行ってよかった道の駅ランキング、1位は田んぼアート「いなかだて」

  8. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

  9. 【雑貨EXPO Vol.1】明治から続く竹細工の店――市川商店

  10. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

アクセスランキングをもっと見る

page top