“しくじり”起業家求む! 福島銀行らが再チャレンジ起業に特化した「福活ファンド」を設立 画像 “しくじり”起業家求む! 福島銀行らが再チャレンジ起業に特化した「福活ファンド」を設立

マネジメント

 福島銀行と一般社団法人MAKOTOが、再チャレンジに特化した投資ファンド「福活ファンド」を設立した。再チャレンジ特化のファンドは日本初だという。

 このファンドは倒産などを経験した、または実質倒産状態にある経営者らの再起に投資するもの。こうした経営者が福島で再起業、または県内へ移転する、「福活」のケースが対象となる。

 2002年の中小企業白書では、国内で一度倒産を経験した経営者が再度起業するケースは13%程度。再チャレンジの難しい状況が浮き彫りとなっている。経営・倒産経験を持つ人材を福島県に呼び込み、起業・再チャレンジを活性化させるのが同ファンドの狙いだ。

 ファンドの出資総額は10億円で、1社あたり最大1億円の投資を想定。投資対象はファンドによる審査により決定される。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

    相模原市、「麻溝台・新磯野」土地区画整理事業で清水建設と近く仮契約

  2. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

    民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  3. 国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

    国交省/1次下請社保未加入で元請に初の指名停止/制裁金請求、成績減点も

  4. 東芝、トヨタ採用増で車載向けで半導体加賀工場に投資

  5. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  6. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

  7. マルチセンサーでドローン侵入を検知……兼松エアロスペース

  8. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  9. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  10. 建設の雇用改善計画論点案、週休2日確保に向け多能工化推進

アクセスランキングをもっと見る

page top