“しくじり”起業家求む! 福島銀行らが再チャレンジ起業に特化した「福活ファンド」を設立 画像 “しくじり”起業家求む! 福島銀行らが再チャレンジ起業に特化した「福活ファンド」を設立

マネジメント

 福島銀行と一般社団法人MAKOTOが、再チャレンジに特化した投資ファンド「福活ファンド」を設立した。再チャレンジ特化のファンドは日本初だという。

 このファンドは倒産などを経験した、または実質倒産状態にある経営者らの再起に投資するもの。こうした経営者が福島で再起業、または県内へ移転する、「福活」のケースが対象となる。

 2002年の中小企業白書では、国内で一度倒産を経験した経営者が再度起業するケースは13%程度。再チャレンジの難しい状況が浮き彫りとなっている。経営・倒産経験を持つ人材を福島県に呼び込み、起業・再チャレンジを活性化させるのが同ファンドの狙いだ。

 ファンドの出資総額は10億円で、1社あたり最大1億円の投資を想定。投資対象はファンドによる審査により決定される。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

    無電柱化工事増加見込む! 関電工、道路舗装工事会社設立

  3. シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

    シェアビジネスを変える…運送会社と軽トラ便の即時マッチングサービス

  4. 専門家に聞く「そもそもマイナンバー」って何?――10月までに知っておきたいこと

  5. 職場を盛り上げる取り組みが集結…「第2回 グッド・アクション」表彰式

  6. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  7. 国交省、外環道「東名以南」の整備具体化へ協議会設置

  8. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  9. 国土地理院、ドローン活用へ基準案整備

  10. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top