生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置 画像 生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

マネジメント

 西友(東京都北区、上垣内猛最高経営責任者〈CEO〉、03・3598・7000)は青果を扱う物流センター全10カ所に、鮮度を点検する専任担当者を配置した。基準書を元に機材を使って検品し、問題を発見した場合はバイヤーや取引先に連絡する。より専門的な検品を可能にするとともに、問題がある商品が店頭へ出荷されることを防ぐ。 出荷前の検品を手がける専門部署を設け、検品用機材も導入した。これまでは主要10品目について物流センターの部員が簡単な検品をしていた。これをトレーニングを受けた担当者が機材を使い、50―60品目を検品するように改めた。西友は全国12ある物流センターのうち、10カ所で青果を扱っており、畜産物や水産物への拡大も見込む。 店舗では4月に、店頭に並んだ青果や畜産物、水産物の鮮度を確認する「鮮度チェック隊」を配置した。来客のピークである夕方を控えた毎日15時に売り場を巡回し、しなびた野菜や水分がしみ出た肉などを見つけた場合は撤去している。 同社は2014年に「生鮮食品 満足保証プログラム」をスタート。生鮮食品を購入した消費者が商品に満足できない場合は全額返金する制度を導入し、発注や調達についても見直した。14年の生鮮食品カテゴリーの売り上げは前年比8・1%増となるなど、成果を上げている。

青果は鮮度が命!西友、物流拠点に鮮度チェックの担当配置

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

    国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

  2. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  5. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  6. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  7. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  8. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  9. 自動車産業、今後20年の5つの課題――エネルギー・人口問題が先進国・新興国に与える影響

  10. 文化シヤッター社長に潮崎敏彦取締役兼専務執行役員、4月1日就任

アクセスランキングをもっと見る

page top