生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置 画像 生鮮好調の西友、物流拠点や店舗にチェック担当を配置

マネジメント

 西友(東京都北区、上垣内猛最高経営責任者〈CEO〉、03・3598・7000)は青果を扱う物流センター全10カ所に、鮮度を点検する専任担当者を配置した。基準書を元に機材を使って検品し、問題を発見した場合はバイヤーや取引先に連絡する。より専門的な検品を可能にするとともに、問題がある商品が店頭へ出荷されることを防ぐ。 出荷前の検品を手がける専門部署を設け、検品用機材も導入した。これまでは主要10品目について物流センターの部員が簡単な検品をしていた。これをトレーニングを受けた担当者が機材を使い、50―60品目を検品するように改めた。西友は全国12ある物流センターのうち、10カ所で青果を扱っており、畜産物や水産物への拡大も見込む。 店舗では4月に、店頭に並んだ青果や畜産物、水産物の鮮度を確認する「鮮度チェック隊」を配置した。来客のピークである夕方を控えた毎日15時に売り場を巡回し、しなびた野菜や水分がしみ出た肉などを見つけた場合は撤去している。 同社は2014年に「生鮮食品 満足保証プログラム」をスタート。生鮮食品を購入した消費者が商品に満足できない場合は全額返金する制度を導入し、発注や調達についても見直した。14年の生鮮食品カテゴリーの売り上げは前年比8・1%増となるなど、成果を上げている。

青果は鮮度が命!西友、物流拠点に鮮度チェックの担当配置

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

    東北整備局、ダム定期巡視にドローン活用へ

  2. 週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

    週休2日工事は成果があがるのか……国交省と日建連が本年度に試行成果検討へ

  3. 【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

    【本音で訊く! マイナンバーの深層&真相&新相(4)】番号制度の誤解と本質的な狙い

  4. 五輪会場の幕張メッセ、イベント業者・中小企業に打撃

  5. MRJ、17年春の納入開始後は? 三菱重工副社長が語る

  6. 上半身に着るストッキング……パアグが「見せるインナー」開発

  7. レッドウッド・グループ、埼玉県で2件の新規開発を計画

  8. 職場のトラブルメーカーは上司? 同僚? 部下?

  9. ドラッグストア、オムニ競う…ウェブで在庫確認、店頭で取り寄せなど

  10. やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

アクセスランキングをもっと見る

page top