航空機の組立ロボット、大手以外でも普及中……生産効率向上、品質安定化狙う 画像 航空機の組立ロボット、大手以外でも普及中……生産効率向上、品質安定化狙う

マネジメント

 【名古屋】エアロ(愛知県弥富市)は、航空機の組み立て工程にロボットを導入する。このほど数億円を投じて米国製のロボットを本社隣接の弥富工場に導入。実機の組み立てに使うため、顧客と調整している。国産小型旅客機「MRJ」の組み立てにも活用を検討する。ロボットの導入で、生産効率の向上と品質の安定化につなげる考えだ。 導入したロボットは米ブラウン・エアロスペース製で、幅8メートル×奥行き8・6メートル×高さ8メートル。門型マシニングセンター(MC)のような外観で、機体への穴あけ、皿取り(穴周辺の加工)、びょう打ちの3工程を担う。穴あけと皿取りに必要な時間は合計約10秒。びょう打ちにかかる時間を含めても、手作業と比べ半分以下の時間で作業できるという。 エアロは三菱重工業など国内の取引先を通じ、米ボーイングの大型機「747」や中型機「787」などの機体組み立てを担当。MRJでも胴体の一部などを担う。年内に同ロボットを実機組み立てに適用することを目標に、顧客からの認証手続きを進める。 航空機の製造はこれまで、生産数の少なさなどから他産業と比べて自動化が進まなかった。しかし足元では航空機需要の拡大によって生産効率の大幅な向上が求められており、大手各社も自動化を進める。 エアロは組み立て以外にも部品の管理や機体塗装、検査業務などで自動化の検討を進める考えだ。

航空機の組立ロボット、大手以外でも普及中

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

    地方を水素供給基地にするジャパンブルーエナジーに先行投資した企業とは?

  3. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

    地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  4. 「自社はブラック」が4人に1人、今後辞めたい割合も急上昇

  5. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  6. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  7. 事業を継がせる・継ぐ年齢は? 準備資金は? 事業承継調査

  8. 三機工業が「ジョブローテーション」を本格始動、女性技術者が営業職を経験

  9. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  10. 大成建設、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)実現目標を2年前倒し

アクセスランキングをもっと見る

page top