航空機の組立ロボット、大手以外でも普及中……生産効率向上、品質安定化狙う 画像 航空機の組立ロボット、大手以外でも普及中……生産効率向上、品質安定化狙う

マネジメント

 【名古屋】エアロ(愛知県弥富市)は、航空機の組み立て工程にロボットを導入する。このほど数億円を投じて米国製のロボットを本社隣接の弥富工場に導入。実機の組み立てに使うため、顧客と調整している。国産小型旅客機「MRJ」の組み立てにも活用を検討する。ロボットの導入で、生産効率の向上と品質の安定化につなげる考えだ。 導入したロボットは米ブラウン・エアロスペース製で、幅8メートル×奥行き8・6メートル×高さ8メートル。門型マシニングセンター(MC)のような外観で、機体への穴あけ、皿取り(穴周辺の加工)、びょう打ちの3工程を担う。穴あけと皿取りに必要な時間は合計約10秒。びょう打ちにかかる時間を含めても、手作業と比べ半分以下の時間で作業できるという。 エアロは三菱重工業など国内の取引先を通じ、米ボーイングの大型機「747」や中型機「787」などの機体組み立てを担当。MRJでも胴体の一部などを担う。年内に同ロボットを実機組み立てに適用することを目標に、顧客からの認証手続きを進める。 航空機の製造はこれまで、生産数の少なさなどから他産業と比べて自動化が進まなかった。しかし足元では航空機需要の拡大によって生産効率の大幅な向上が求められており、大手各社も自動化を進める。 エアロは組み立て以外にも部品の管理や機体塗装、検査業務などで自動化の検討を進める考えだ。

航空機の組立ロボット、大手以外でも普及中

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 埼玉県が在宅ワーカー活用セミナー&マッチング会開催……女性活躍の場を広げる

    埼玉県が在宅ワーカー活用セミナー&マッチング会開催……女性活躍の場を広げる

  2. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

    あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  3. 自動車メーカー主要3社も水素ステーション整備事業に支援を表明――1基1100万円/年

    自動車メーカー主要3社も水素ステーション整備事業に支援を表明――1基1100万円/年

  4. 完全週休2日制モデル工事を中部地方整備局が試行……入札参加者が任意で選択

  5. 【解決!社長の悩み相談センター】第8回:どっちが得?――共同経営の理想と現実

  6. 西松建設と岩野物産、トンネル覆工コンクリートの養生工法で「給水タイプ」実用化

  7. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  8. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  9. 従業員が仕事と家庭の両立目的で家事サービスを活用すると都から助成金がもらえる!

アクセスランキングをもっと見る

page top