中華まんや介護食品にも……「味よく人気」で用途広がる安納芋 画像 中華まんや介護食品にも……「味よく人気」で用途広がる安納芋

インバウンド・地域活性

 鹿児島県の種子島が主産地のサツマイモ「安納芋」の用途が広がってきた。大手コンビニエンスストアや食品メーカーなどが抜群の甘さに目を付け、スイーツ以外にも中華まん、介護食品などに商品化。一方、地元では「ふるさと納税」の返礼品としても人気がある。ローソンは9月22日、中華まん「安納芋まん」を発売する。安納芋のペースト状のあんと、四角く切った安納芋が入っている。「味が良く、人気の食材でブランドでもある」ことから素材に選んだ。

 カウンターコーヒーと相性の良い商材として提案していきたい、という。1個140円と通常のあんまんより高めに価格設定し、100万食の販売を予定している。

 病院や福祉施設向け冷凍食品開発などの日本サンテ(東京都世田谷区)は2013年秋から、ピューレにした安納芋を使った介護食品「安納芋ゼリー」を病院や福祉施設など向けに販売している。

 同社は「糖度がずば抜けて高いが甘過ぎず、サツマイモ独特の味わいがある。食物繊維も豊富」と目を付けた理由を説明する。固定客を中心に月に20~30ケース(1ケース40グラム120個入り)を販売する。

 一方、地元でも安納芋は依然、強い引き合いがある。鹿児島県南種子町は今年4月から、ふるさと納税返礼品の一つに安納芋(青果)を採用した。現在、87件の申し込みがあり、うち82件が返礼品に安納芋を希望しているという。同町では「ふるさと納税をする人の大半が安納芋目当てのようだ」と話す。
 

中華まん、介護食品 用途広がる安納芋 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

    相次ぐ新設バスターミナル。FIT化進展への対応は十分か?

  2. 国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

    国のかたちを考える2018/JR東日本会長 清野智氏

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  8. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 小田急グループ、御殿場アウトレット内にホテルと温泉施設を建設

アクセスランキングをもっと見る

page top