「大阪王将」がミャンマー・ヤンゴンに1号店オープン! 海外人気の日本式カレーも 画像 「大阪王将」がミャンマー・ヤンゴンに1号店オープン! 海外人気の日本式カレーも

海外進出

リーズナブルな価格で「日本の味」を餃子専門店「大阪王将」を運営するイートアンド株式会社は、ミャンマー最大都市ヤンゴンにミャンマー1号店となる「大阪王将 タムエ店」を8月15日にオープンしたことを発表した。タムエ店では、看板商品の餃子はもちろん、日本式の「和風カレー」をラインアップさせたのが特徴的。その他には、炒飯、ラーメン、天津飯、逸品、セットメニューなども提供される。中心価格帯は、2,500チャットから6,500チャット(約250円~650円)。リーズナブルな価格で「日本の味」を現地に届けるようだ。人々に愛され続ける餃子専門店大阪王将は45年以上の長い歴史を持ち、2015年6月時点で日本国内に367店舗を展開。ミャンマーの他にも、香港、シンガポール、タイ、フィリピン、韓国でも店舗を展開している。テイクアウトやデリバリーなど、時代の流れや顧客のニーズに合わせたサービスを取り入れ、男女を問わず地域の人々に愛され続ける餃子専門店だ。外国人に人気が高い「餃子」と「カレー」の組み合わせ。ミャンマーでも人々のハートをしっかりつかみ、44席ある店内が多くの人でにぎわうことだろう。(画像はプレスリリースより)

「大阪王将」がミャンマー最大都市ヤンゴンに1号店をオープン!

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  2. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  3. 日本茶飲料「遥香」、シンガポールで販売

    日本茶飲料「遥香」、シンガポールで販売

  4. 全人代透視-元中国大使が本当に伝えたいこと

  5. 【特別企画】訪日観光客2000万人突破と中小企業の生き残りを懸けた海外戦略[後編]

  6. 星野リゾートが来年1月、ウブドに「星のやバリ」を開業

  7. 【Sakeの海外戦略:5】アメリカ人日本酒伝道師の教えとは?

  8. 岩手県で鉢物リンドウの知財権をEUに輸出、収入は品種改良に

  9. ちよだ鮨、ベトナムに日本料理店。持ち帰りではなく、レストラン業態で

  10. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

アクセスランキングをもっと見る

page top