ミャンマーにストリーミングコンテンツの配信拠点を新設 画像 ミャンマーにストリーミングコンテンツの配信拠点を新設

IT業務効率

東南アジア13番目の配信拠点にシーディーネットワークス・ジャパン(以下CDNetworks)は17日、東南アジアにおける13番目のCDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)の配信拠点(以下PoP)をミャンマーに新設して、サービスの提供を開始したと発表した。同社は、KDDI、ミャンマー郵電公社(MPT)の両社と、同国において共同通信事業を通じて協力関係を培っており、その協力関係のもとでPoPを新設したものである。CDNetworksは、CDNサービス専門企業として、世界中に分散する160を超えるPoPを通じ、日々4万以上のウェブを高速化している。同社のPoPは、中国や東南アジアのほか、インド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などに設置されており、各国においてグローバルな配信をサポートしている。ミャンマーは今後強力な新興国に ネットの普及も拡大へ約5100万人の人口を有するミャンマーでは経済成長率が高い伸びを示しているが、インターネットの普及率は2%程度にとどまっている。また、同国の携帯電話各社のIR情報をもとにKDDIが推計したところ、同国における携帯電話の普及率は50%程度であるという。しかしながら、フォーブスによると、同国は東南アジアにおいて今後強力な新興経済国の一つとなる、と評価していることから、今後、インターネットの普及が進んでいくものと見込まれている。同社は、世界各国のPoPを通して、ウェブサイトやウェブアプリケーションを高速かつ安全性の高い状態で世界中に配信していく考えである。

ミャンマーのネット普及に貢献 ネット高速化のための配信拠点新設

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

    【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

  2. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  3. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  4. 国土地理院のツイッター投稿が反響。西之島測量作業を発信、リツイート700件に

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. まだまだ熱中症対策が必要、ツールのトレンドは「着用型」!

  7. 水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

  8. 自航式多目的船「オーガスト・エクスプローラー」が竣工、海洋開発工事参入へ弾み

  9. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  10. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

アクセスランキングをもっと見る

page top