ミャンマーにストリーミングコンテンツの配信拠点を新設 画像 ミャンマーにストリーミングコンテンツの配信拠点を新設

IT業務効率

東南アジア13番目の配信拠点にシーディーネットワークス・ジャパン(以下CDNetworks)は17日、東南アジアにおける13番目のCDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)の配信拠点(以下PoP)をミャンマーに新設して、サービスの提供を開始したと発表した。同社は、KDDI、ミャンマー郵電公社(MPT)の両社と、同国において共同通信事業を通じて協力関係を培っており、その協力関係のもとでPoPを新設したものである。CDNetworksは、CDNサービス専門企業として、世界中に分散する160を超えるPoPを通じ、日々4万以上のウェブを高速化している。同社のPoPは、中国や東南アジアのほか、インド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などに設置されており、各国においてグローバルな配信をサポートしている。ミャンマーは今後強力な新興国に ネットの普及も拡大へ約5100万人の人口を有するミャンマーでは経済成長率が高い伸びを示しているが、インターネットの普及率は2%程度にとどまっている。また、同国の携帯電話各社のIR情報をもとにKDDIが推計したところ、同国における携帯電話の普及率は50%程度であるという。しかしながら、フォーブスによると、同国は東南アジアにおいて今後強力な新興経済国の一つとなる、と評価していることから、今後、インターネットの普及が進んでいくものと見込まれている。同社は、世界各国のPoPを通して、ウェブサイトやウェブアプリケーションを高速かつ安全性の高い状態で世界中に配信していく考えである。

ミャンマーのネット普及に貢献 ネット高速化のための配信拠点新設

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

    首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  2. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  3. アドバンストメディア、音声認識を施工管理プラットフォームに/iPhoneやiPadで

    アドバンストメディア、音声認識を施工管理プラットフォームに/iPhoneやiPadで

  4. 建災防、安全対策にICT活用/有識者委が初会合

  5. 接近車両を検知する自転車用後方レーダー

  6. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:後編

  7. 【今流スマホ予約・前編】“スマホ→即予約”が外食を変える!?

  8. 国交省、i-Con推進へロゴマーク作成/変わる現場の魅力発信

  9. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  10. 東急建設、VRゲームテクノロジーを活用、事故を疑似体験

アクセスランキングをもっと見る

page top