工事現場の「電子看板サービス」が登場、騒音・振動公開機能など搭載 画像 工事現場の「電子看板サービス」が登場、騒音・振動公開機能など搭載

IT業務効率

 福島県福島市の株式会社アークスが、工事現場で近隣住民への情報公開に用いられる看板を電子化し、インターネット上で公開するサービス「ウェブバン」の提供を開始した。

 同サービスではQRコードを自動生成し、工事現場の看板やチラシと連動したサイトでの告知を実施。これまで現場に設置されていた通常の看板に比べ、より多くの情報量伝達が可能になるという。

 具体的には工程表、アクセスマップ、工事紹介動画、完成までの進捗率等を一元的に掲載。オプションとして「騒音や振動を自動計測し公開する機能」を搭載しているという。

 国土交通省の新技術情報システム「NETIS」にも登録されている同サービス。工事現場からの情報発信を効率化するシステムとして、今後の浸透に期待したい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

    【VRと中小企業:2】建設工期短縮でコスト相殺、安全性向上!

  2. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

    大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  3. 鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

    鹿野川ダムリニューアル、水中作業の機械化で潜水士の作業を大幅減

  4. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  5. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  6. HJHJアーカイブス:07「老舗旅館を立て直した“ITのおもてなし”」

  7. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  8. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  9. 【VRと中小企業:1】VRスマホが転機、実用進む3業種とは?

  10. VR/ARのトレンドとは? 未来を提示する展示会「CES2017」

アクセスランキングをもっと見る

page top