ネピドーの大学に農業研究所、JICAが設立 画像 ネピドーの大学に農業研究所、JICAが設立

海外進出

「food bank of Japan」農業、植物など9分野国際協力機構(JICA)が、ネピドーのYezin農業大学の構内に研究所「food bank of Japan」を設立する。研究所は来月末までに完成する。8月10日、Yezin大学のU Myo Kywei学長が発表した。JICAは、1,060万ドルを投じて9つの研究所を開設する。研究所は農作物、植物の育成、土壌や水質の科学、植物の病害、昆虫学、園芸作物、農業ビジネス、農業工学などの分野に分かれる。運営は2019年11月にスタートする予定だ。研究所には日本人の専門家2名が常駐し、その他のスタッフは6か月間滞在する。日本で専門的な研究を終えたミャンマー人も参加する予定だという。ミャンマーの作物を日本市場へ流通 日本の製造技術導入も農務省副大臣のU Ohn Than氏は、研究所を通して、ミャンマーの食物を日本市場に流通させることが目的だと語っている。また、ビスケットやチョコレートの製造など、日本の食品製造技術の導入も目標としているという。JICAは、ネピドーに野菜の脱水工場の建設も計画している。ここでは殺虫剤などを使用しないマンゴーの栽培などを行い、日本市場での販売を試みるという。Yezin大学は日本とのつながりが強く、多くの教員が日本で学んだ経験を持つ。また、教員の3分の1は日本だけではなく、韓国、ドイツ、タイ、マレーシアなど海外で研究に従事した経験がある。(画像:Myanmar Timesより)

JICAがネピドーの大学内に農業研究所を設立

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  2. 【Sakeの海外戦略:7】ワインのインフラを通じて世界へ

    【Sakeの海外戦略:7】ワインのインフラを通じて世界へ

  3. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  4. 【Sakeの海外戦略:3】中国戦略の鍵はネットとエピソード!

  5. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  6. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  7. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  8. Made in USAの「山田錦」。米国産清酒はホンモノか?

  9. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  10. インド新幹線、日印政府が実施計画作り着手、日本の建設会社進出へ

アクセスランキングをもっと見る

page top