NEDO「生活支援ロボット実用化プロジェクト」が内閣総理大臣賞受賞 画像 NEDO「生活支援ロボット実用化プロジェクト」が内閣総理大臣賞受賞

IT業務効率

日本自動車研究所(JARI)、産業技術総合研究所、名古屋大学の各機関研究代表者が、平成21~25年度 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の成果により、第13回産学官連携功労者表彰 内閣総理大臣賞を受賞することが決定した。

今回の受賞は、産学官連携によって生活支援ロボットの安全性評価の基準、試験方法、認証スキームを確立することで、生活支援ロボット実用化の障壁を排除したこと、生活支援ロボットの安全規格ISO13482発行に貢献して同規格による認証事例を生み、民間企業4社からの販売開始につながったことが評価されたもの。

JARIは、同プロジェクトにおいて安全検証手法開発のリーダーとして活動。その成果をAMED「ロボット介護機器開発・導入促進事業」で発展させて、さらに安全検証の事業化に取り組み、安全で役に立つ生活支援ロボットの開発・普及を目的とした技術支援を開始している。

JARIなど、生活支援ロボット実用化プロジェクトで内閣総理大臣賞を受賞

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

    水が凍結する時の圧力で壁解体! 環境に優しい工法

  2. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  3. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

    ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  4. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  5. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  6. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  7. いまどきの工事現場ーーi-Con対応のブルドーザー作業!

  8. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  9. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  10. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top