NEDO「生活支援ロボット実用化プロジェクト」が内閣総理大臣賞受賞 画像 NEDO「生活支援ロボット実用化プロジェクト」が内閣総理大臣賞受賞

IT業務効率

日本自動車研究所(JARI)、産業技術総合研究所、名古屋大学の各機関研究代表者が、平成21~25年度 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の成果により、第13回産学官連携功労者表彰 内閣総理大臣賞を受賞することが決定した。

今回の受賞は、産学官連携によって生活支援ロボットの安全性評価の基準、試験方法、認証スキームを確立することで、生活支援ロボット実用化の障壁を排除したこと、生活支援ロボットの安全規格ISO13482発行に貢献して同規格による認証事例を生み、民間企業4社からの販売開始につながったことが評価されたもの。

JARIは、同プロジェクトにおいて安全検証手法開発のリーダーとして活動。その成果をAMED「ロボット介護機器開発・導入促進事業」で発展させて、さらに安全検証の事業化に取り組み、安全で役に立つ生活支援ロボットの開発・普及を目的とした技術支援を開始している。

JARIなど、生活支援ロボット実用化プロジェクトで内閣総理大臣賞を受賞

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. サービス業のIT利用最前線!7  “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

    サービス業のIT利用最前線!7 “相席”したロボットの「居酒屋のおもてなし」

  2. 2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

    2018年の診療報酬改定、生き残りのカギはICT活用/国際モダンホスピタルショウ

  3. 東大やソフトバンクら/タブレットやロボットなどのICT活用で障がい児支援

    東大やソフトバンクら/タブレットやロボットなどのICT活用で障がい児支援

  4. アメリカから考える日本版シェアリングエコノミーの未来:前編

  5. VRによる未来のコミュニケーションとは?

  6. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  7. サービス業のIT利用最前線!6 チャットボットで現場情報を共有、効率化

  8. 国交省・森昌文技監「既にオープンイノベーションの動きは始まっている」

  9. サービス業のIT利用最前線!5 NECが進化させる“おもてなし”プロダクト体験

  10. 完全ワイヤレスの超小型イヤホン「EARIN」! 北欧ベンチャーの開発者が語った商品化までの道のりとは

アクセスランキングをもっと見る

page top