「地域活性化アプリ」と「ローカルテレビ局」がメディアミックス 画像 「地域活性化アプリ」と「ローカルテレビ局」がメディアミックス

インバウンド・地域活性

 日本各地の名産品をコレクションするスマホゲームと、全国のローカルテレビ局がタイアップ企画を実施。ローカルテレビ局の番組内で各地域の名産品をプレゼントとして紹介する新プロジェクトを、スマホアプリ「まちおこしすごろくゲーム ごちぽん」を運営する株式会社ごちぽん(東京都新宿)が19日に発表した。

 ご当地の名産品を様々な地域のローカルテレビ局を通じ、エリアにゆかりのない人にも知って貰うという同企画。同社がこれまで全国の企業と提携を結んだノウハウを活かしながら、地方の中小企業の商品の魅力を全国にアピールするという、地域活性化に向けたメディアミックスの新手法となる。

 現在はKTNテレビ長崎『ヨジマル!』の視聴者に対し、同アプリの「テレビ番組連動」ページと連動したキャンペーンが実施されている他、8月21日からは沖縄のRBC琉球放送『R級ワイドー(あーるきゅうわいどー)』とのタイアップが予定されているという。

 全国で同時にアクセスできるスマホアプリと、地域限定なローカルテレビ局のタイアップ企画。地域活性化の推進力となるか、今後の展望を見守りたい。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  4. 東京都中央区日本橋の首都高、地下移設/再開発と一体、五輪後着工へ

  5. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

  8. 富裕層インバウンドの法則その8

  9. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  10. 尾道市の千光寺公園のリニューアル、坂の町に調和したデザインに

アクセスランキングをもっと見る

page top