消費者目線で特産品などをPR……「アンバサダー」の活動浸透  画像 消費者目線で特産品などをPR……「アンバサダー」の活動浸透 

マネジメント

 産地や農家から依頼を受け、消費者目線で地域の特産品などをPRする「アンバサダー(大使)」が浸透してきた。インターネットのソーシャル・ネットワーキング・サービス(交流サイト、SNS)で産品を紹介したり、販路を開拓したりする。テレビCMなど大掛かりな宣伝でなく、消費者に近い立場から情報を発信するため、親しみやすいのが利点だ。

・消費者目線「いいね!」

 北海道幕別町で放牧養豚とハム・ソーセージの加工を手掛ける(株)マノスは、同社のブランド豚肉「どろぶた」をPRする家族単位のアンバサダーを3月末に公募し、道内外の6家族を選んだ。6次産業化を支援する企業リトルワールド(東京都)が提案し、主導した。

 6家族は豚肉の栄養、部位、料理など毎月異なるテーマを調べたり話し合ったりして、SNSで配信する。毎月送られてくる食肉を料理して、写真や食べた感想なども掲載する。

 マノスの平林英明代表は「アンバサダーが活動を始めた7月は、取引の問い合わせが1カ月に約10件、それまではなかった農場見学の希望も4、5件入った。商品も売り切れた」と効果を指摘する。アンバサダーの一人が「どろぶた」とドイツビールを合わせた試食会を開いたこともある。

 JA宮崎経済連は昨年から、宮崎県産米「コシヒカリ」を宣伝するため2人の人気女性ブロガーを起用している。仲介した広告代理店のグレイン・エス・ピー(東京都文京区)は「2人のブログには昨年、それぞれ1日平均約3万件のアクセスがあった」と説明する。

 2人は田植えや中干し、稲刈りを現地で取材しブログで紹介する。「コシヒカリに合う料理」のレシピも公開する。同経済連は「購買層である主婦に絶大な人気があり、消費者視点で情報発信してもらえる」と喜ぶ。

 東京都内で広告代理店を経営する満木葉子さんは今年4月、日本茶を普及させるアンバサダー5人を募り、日本茶アンバサダー協会を自費で設立した。協会理事を務め、自らもアンバサダーとして活躍している。

 同協会は今月、情報サイト「ENJOY! 日本茶」を立ち上げた。日本茶を扱う全国店舗の情報や女性茶農家のエッセーを掲載する。満木さんは「販売促進には日本茶を日常生活に浸透させるのが大切。そのために消費者に親しみやすい活動を続ける」と意気込む。

 地域活性化や農産品のブランド戦略に詳しく、青森県板柳町産リンゴのアンバサダーも務める明治大学の竹本田持副学長は「アンバサダーになる人は、その産品のファン。ファンのPR活動だから消費者への説得力がある」と利点を挙げる。

特産のファン“宣伝大使” アンバサダー ネット通じ魅力発信 各地で活動浸透 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

    インバウンドだけでなく日本人旅行者も…星野リゾート代表

  2. 歩切り根絶で全市町村に働き掛け強化――国交省と都道府県が合意

    歩切り根絶で全市町村に働き掛け強化――国交省と都道府県が合意

  3. ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

    ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

  4. 北海道で先行導入、ヤナセとニッポンレンタカーが輸入車レンタルで提携

  5. ゼネコン上場大手4社、全社が増収・営業増益

  6. 菊類が動き出す、彼岸向けピーク前…不安定

  7. 「ジャパンブランド」の活性化を図る一大プロジェクトがスタート

  8. 日立オートモーティブ、中国内市場向けに自動車機器システム会社を設立

  9. 官公庁施設の設計、「耐震診断」も報酬業務に

  10. 中小企業の「定義」とは?

アクセスランキングをもっと見る

page top