新潟県、「新耐震改修促進計画案」で国と同率目指す 画像 新潟県、「新耐震改修促進計画案」で国と同率目指す

インバウンド・地域活性

 新潟県は18日、耐震改修促進計画改定検討委員会(委員長・澤田雅浩長岡造形大学地域協創センター副センター長)を開催し、16~20年度の5カ年の住宅の耐震化率の目標値や行政、民間が取り組むべき施策を盛り込む「新耐震改修促進計画案」を示した。県内の住宅総数は80万戸で、うち耐震基準を満たしていない住宅は8分の1の約10万戸存在すると試算。この10万戸の耐震化率を上げるのが新計画の最大の目標になる。住宅総数に占める20年度末の耐震化率の目標値は国と同率の95%を努力目標値とした。
 ただ、この目標値の達成にはこれまでの約9倍のペースで耐震改修を進めなければいけなくなる。このため現実的な目標値として、県がこれまで通り補助した場合の87%、耐震改修戸数をこれまでの2倍にした場合に到達すると見られる88%、同3倍にした場合の到達値の89%も併記するとした。次回会合は10月下旬を予定。県など行政が行う耐震化率を高めるための施策を提案して、その内容について審議する方針。新計画の成案化は年度内を予定している。

新潟県/新耐震改修促進計画案/住宅耐震化率、20年度努力目標値95%に

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

    リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

  3. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  4. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  5. 「奇跡の一本松」の技術を展示する記念館が計画中

  6. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  10. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top