日本は金メダル5個――「技能世界一を競うオリンピック」が閉幕 画像 日本は金メダル5個――「技能世界一を競うオリンピック」が閉幕

マネジメント

 【サンパウロ=今村博之】「第43回技能五輪国際大会」が16日(日本時間17日)にブラジル・サンパウロ市で閉幕し、日本は「情報ネットワーク施工」の島瀬竜次選手(きんでん)や「自動車板金」の清水拓摩選手(トヨタ自動車)など、5種目で金メダル5個を獲得した。金メダル獲得数は前回大会と同数だったが、国・地域別の順位は前回の4位を上回り、目標に定めた3位に食い込んだ。表彰式の会場で結果を聞いた選手たちは、喜びにわき上がっていた。 金メダルの獲得数では韓国が12個、ブラジルが11個。その次に、日本、オーストリア、南チロル、台湾が5個と続く。(CNCフライス盤は機械トラブルで測定やり直し中)。 技能五輪国際大会は22歳以下(一部の競技は25歳以下)の若者が2年に1度、技能世界一を競う。サンパウロ大会は59カ国・地域から史上最多の約1190人の選手が出場し、4日間の日程で50職種の競技を実施した。 日本は「情報ネットワーク施工」「自動車板金」「製造チームチャレンジ」「電子機器組立て」「移動式ロボット」で金メダルを手にした。銀メダルは3個、銅メダルは5個で合計メダル数は13個だった。金メダル獲得トップは、韓国が4連覇。1個差で2位となった開催国のブラジルは、前回の4個から大躍進した。参入から3大会目の中国は初の金メダル4個をもぎ取った。 次回の第44回技能五輪国際大会は2017年にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開かれる。閉会式では大会旗がUAEに引き継がれた。

技能世界一競う「五輪」閉幕。日本は金メダル5個で全体3位に

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

    就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

  2. YKKAPの堀秀充社長、樹脂窓生産ラインの増設検討

    YKKAPの堀秀充社長、樹脂窓生産ラインの増設検討

  3. 【中小企業の『経営論』】第18回:行動を変えても批判がやまない? その理由

    【中小企業の『経営論』】第18回:行動を変えても批判がやまない? その理由

  4. 訪日外国人が「日本酒を知り、日本酒を楽しむ」プラットフォーム誕生

  5. 本日の新聞から:スズキ鈴木修会長が語る「モノづくりの気概」

  6. 道路舗装上場大手6社、15年4~12月期決算で全社増益、需要低調

  7. 障害者の雇用義務化、農村・障害者・企業は互いの利益模索へ

  8. 【倒産情報】レディスアパレル「2%TOKYO」が自己破産

  9. 女性社員を“コア人材”に!各社が取り組む「女性活躍推進」の現状

  10. 建設業の経営環境の悪化懸念広がる…全建会員調査で

アクセスランキングをもっと見る

page top