【回転窓】温暖化進むアルプス 画像 【回転窓】温暖化進むアルプス

インバウンド・地域活性

 8月も後半に入り、夏山シーズンも終盤。下界はまだ残暑でも、高山の稜線には秋風が吹き始めているだろうか▼この夏、欧州アルプスは気温上昇で雪解けが加速。登山者の人気が特に高い最高峰モンブラン(4811メートル)では、雪崩や落石の危険が高まって登山道の利用自粛や山小屋の一時閉鎖を余儀なくされたと先日、通信社のニュースが伝えていた▼マッターホルン(4478メートル)の氷河では、45年も前に行方不明となった2人の日本人登山家の遺骨が見つかったとのニュースも。こちらは雪解けが進んだことで、過去に遭難したとみられる登山家の遺体がたびたび見つかっているそうである▼近年のアルプスは雪不足も深刻で、運営難に陥るスキー場も少なくないらしい。アルプスの気温上昇速度は世界平均を大幅に上回り、地球温暖化の影響が最も激しい地域と見る説もあるという▼日本の山と本場のアルプスとでは、温暖化の影響の出方もスケールが違うようだ。これだけ科学が発達しても、地球規模の気候変動予測は難しいだけに、この先何が起きるのか不気味でもある。人知の無力を思い知らされる。

回転窓/温暖化進むアルプス

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

    11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  4. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  5. サミットから始まる人の縁、三重で進む移住プロジェクト

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 訪日クルーズ500万人計画! 国際クルーズ拠点を整備へプラン募集

  8. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  9. 三田三・四丁目地区の再開発、景観向上やヒートアイランド現象の緩和も

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top