“大学1年生と2年生”対象――東商が中小企業「会社ツアー」を実施 画像 “大学1年生と2年生”対象――東商が中小企業「会社ツアー」を実施

人材

 東京商工会議所は9月から大学1、2年生を対象に中小企業の「会社ツアー」や「仕事観察」などができる「東商リレーションプログラム」を開始する。9月は5大学の1年生約80人を会員企業9社で受け入れる。10月以降は参加企業、大学を順次拡大し、学生の休暇期間を中心に年2回実施する方針。 このプログラムは中小企業の魅力発信と大学初年次からの職業観の醸成が狙い。早期に会社を知り、仕事を知ることで、大手志向の強い学生に目を向けさせ、入社後のミスマッチなども防ぐ。これまで3、4年生を対象としたインターンシップ受け入れ企業の情報提供などを行ってきたが、1、2年生を対象とする活動は初めて。 会社ツアーは1―3時間かけて、会社内を巡り歩いたり、課題解決型のワークショップを行ったりすることで、業種特性や当該企業を理解させる。 仕事観察は4―8時間かけ、1人の職業人について回ることで仕事をリアルに理解させる。

中小企業の魅力発信!大学1、2年生対象に東商が視察ツアー

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

    国交省人事、航空局長に佐藤善信氏、観光庁長官は田村明比古氏

  2. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  3. 【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

    【社内コミュニケーションの秘訣】不良を優等社員に変えた教育

  4. 【時事エッセイ】仮説トイレだって快適にして欲しい

  5. 求む! 複数の技能ができる「多能工」!

  6. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  7. 「働き方改革」国交相との意見交換、トラック・バス・タクシー自動車運送事業者団体の主張

  8. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  9. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画!!

  10. 次の失敗は「食料」……50キロのトレイルラン、記者が体験(5)

アクセスランキングをもっと見る

page top