福岡県、県内企業向けにエコドライブ装置の補助 画像 福岡県、県内企業向けにエコドライブ装置の補助

インバウンド・地域活性

オリックス自動車は8月18日、法人向けに展開している「オリックス テレマティクス サービス」が、福岡県地球温暖化防止活動推進センターの「企業向けエコドライブ装置貸出(補助)」に採用されたと発表した。

同事業は、福岡県内の事業所(法人)を対象に、同センターがエコドライブ装置100台の貸し出しに対する補助を行い、企業が保有する車両の燃費向上を促進するもの。募集期間は2015年8月18日から10月31日で、補助期間は2016年2月末まで、最大6か月間。

同センターは、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づき、県内の地球温暖化対策に関する普及啓発の拠点として、福岡県地球温暖化防止活動推進員などと連携しつつ、脱温暖化社会の形成に向けた活動を進めている。企業向けエコドライブ装置貸出は、2014年度にも実施しており、今年度も環境省「平成27年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金」で実施される。

なおオリックス テレマティクス サービスは、宮城県地球温暖化防止活動推進センターが実施している今年度の同事業においても「企業向けエコドライブ装置」として採用されている。

オリックス テレマティクス サービスは、通信とGPS機能を備えた車載機を搭載することで、運転速度や急加速・急減速などのドライバーの挙動や、燃費、CO2排出量などの情報をリアルタイムに取得できるサービス。取得した運行データを活用し、企業の車両管理における「コンプライアンス」「環境」「安全」での課題を可視化。さらに、最適な車両使用と労務管理などのコンサルティングを行うことで、企業のリスクマネジメントを支援している。環境面では「エコドライブ」「CO2削減」「無駄なアイドリング削減」「余剰車削減」が可能となる。

業界に先駆け2006年に提供を開始した同サービスの導入台数は、2010年3月末時点の9100台から、2015年3月末時点で10万7000台へと増加している。

オリックス テレマティクス サービス、福岡県内の企業向け貸出エコドライブ装置に採用

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

    地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  5. 富裕層インバウンドの法則その8

  6. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  9. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  10. 川崎・キングスカイフロント、客室200室のホテル建設!

アクセスランキングをもっと見る

page top