就業経験を積ませるだけではない!学生に活躍してもらう長期実践型インターンシップ、一里野高原ホテルろあん 画像 就業経験を積ませるだけではない!学生に活躍してもらう長期実践型インターンシップ、一里野高原ホテルろあん

インバウンド・地域活性

 石川県白山市の一里野高原ホテルろあんは、半年間に渡る長期実践型インターンシップ生の受け入れを5月からスタート。今回、その概要を発表した。

 通常であれば数日から長くても数週間程度となるインターンシップ。一方で、今回の取り組みでは、単に参加学生に就業体験を積ませるだけではなく、役職と一定の権限を付与。試行錯誤しながら革新的な業務に挑戦できるのが大きな特徴だ。

 同ホテルは都会から離れた自然にあふれる立地が魅力の1つだが、一方で人手不足や従業員の高齢化という課題を抱えてきた。そこで、若者やよそ者ならではの視点から、業務やサービスに革新性をもたらそうというのが、今回のインターンシップの目的。地域の中小企業の経営革新に取り組むゴールドマンサックス中小企業経営革新プログラムにも採択されている。

 今回受け入れたインターンシップ生のうち、1人目は5月2日~9月下旬の期間で企画やマニュアル作成を担う岡野徹(おかの・てつ)さん。一方、もう1人の松山未来(まつやま・みらい)さんは、6月8日~12月8日の期間で現状分析、情報発信(プレスリリースなど)、企画を担う。

 受け入れ企業はインターンシップ生をビジネスの戦力として受け入られ、学生はより実践的なビジネスが体験できる――双方にとってWin-Winの取り組みだ。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

    ~地元から日本を盛り上げるキーパーソン~地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  4. 那覇空港中長期構想、滑走路間にターミナルビル移設/旅客需要増加に対応

  5. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  6. 日本油脂王子工場跡地開発(東京都北区)、ホームセンターのLIXILビバが参画

  7. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  8. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  9. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top