いすゞ、大型路線バス「エルガ」をフルモデルチェンジ 画像 いすゞ、大型路線バス「エルガ」をフルモデルチェンジ

インバウンド・地域活性

いすゞ自動車は、大型路線バス『エルガ』を15年ぶりにフルモデルチェンジし、8月18日より発売する。

新型エルガは、クリーンでシンプルなスタイルを追求し、新しい外観デザインを採用。また、ノンステップエリアの長さ・通路幅・室内高、および後方段上部の室内高を拡大し、広々とした室内空間を実現した。

さらに、優先席まわりの安全性向上、反転式スロープ板の採用による車いす乗降の簡易化・時間短縮化を図った。さらに、作業を省力化する、巻き取り式ベルトによる新たな車いす固定装置を採用するなど、バリアフリー・ユニバーサルデザインをレベルアップした車両となっている。

エンジンは、軽量コンパクトな250馬力の4HK1-TCSディーゼルを搭載。高効率なターボ効果による燃費向上を図ったほか、排出ガス後処理装置としてDPDと尿素SCRを採用するなど、環境性能・燃費性能を向上させた。

トランスミッションはAMT(自動クラッチマニュアルトランスミッション)とATの2種類を用意。運転経験の少ない人でも運転しやすい車両となっている。

価格は車型「QRG-LV290N1(GVW14トン以上)」6速AMTが2609万9280円など。

いすゞ、大型路線バス エルガを15年ぶりにフルモデルチェンジ

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  10. 【マツダ ロードスター 用6速MT 開発物語】その3…なぜトランスミッションを内製するのか

アクセスランキングをもっと見る

page top